闘病生活

病人だけど…この女性と一緒に居たいと思うのは許される!?

幸せイメージ闘病生活
スポンサーリンク

少し前に ブログで掲載させてもらった


この時  登場させてもらった女性
   自分なんかの為に 仕事を休み 入院説明や手術説明を一生懸命に考えてくれました。

ちなみに 手術はこのままの病院で受ける予定です。
 
 自分なりにものすごい考えた結果です。  夢の中でも悩んでる夢を見たほどです 笑

自分は、ずっとこんなブラブラしたダメ人間生活を送っていたので、 将来的な備え 
   つまり貯金、スキル、そして無いのがわかってるのに行動力も無いし、行動もしてこなかった
それも これから先 ずっと一人孤独に生きていくのだから別に構わないと思っていたから

彼女からは、これからの闘病生活一緒に頑張っていこう

   なんて言葉を言ってくれて 思わず自分は嬉しくて泣いてしまいました。

この年齢の自分に対して
 こんなにも自分の事を考えてくれる この女性と将来を考えるようになったけど…
同時に、その考えそのものが女性を結果的に傷付けてしまわないかと…

現状 今の自分は、脳腫瘍(神経膠腫) 令和2年9月1日 手術をする予定だけども… その後も闘病生活が続くのは間違えありません。

それに 今は無職
 今までと違い てんかん症状に伴い 車両運転も条件を満たさない限り禁止になったので
転職の幅も大幅に狭まりました。

でも 彼女の家族の事も考えると… 本当に自分が彼女と一緒に歩んで良いのか

 少なくとも平坦な道が続くことは考えられません。

自分が一緒に居たいと思う気持ちが、彼女の可能性ある将来の邪魔をしてしまってる 罪悪感も…

もう何が正解なのかわからない 
 すぐに答えを出すのも違うと思うけど… ただ 今は気持ちを前向きにして
 出来る事にベストを尽くしたい

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント

  1. 猫茶 より:

    「こうあるべき」と言う正解よりも「こう有りたい」と言う気持ちこそが
    可能性そのものでありその人の将来を作るのではないでしょうか。
    例え平坦でなくとも相手も同じ気持ちなので有れば
    一緒に歩んだその道の先にお二人しか辿り着く事の出来ない未来が
    待っているのだと思います。

    • AkiカエルAkiカエル より:

      猫茶さん
      コメントありがとうございます!
      そうですね。
      こうありたいと思う気持ちに臆することなく歩みたいと思います