闘病生活

寒い朝の起床時 頭の手術痕が疼く。その対策で考えたのは…

闘病生活

最近は朝もすっかりと冷え込んできましたね。
 その影響なのでしょうか? 令和2年9月1日に開頭手術した部位がうずきます。

痛みまではいかないけど、手術した縫い目部分がまさに疼く感じ。 
起床して、しばらくすればいつの間にかおさまってるけども… 気持ちの良いもんじゃないです。去年の今頃は、既に退院してたけど…こんなことあったけかな?

これは個人的な考えで何のエビデンスもないし調べてないけども、必要以上に頭が冷えて疼くのはよくない気がする。 何か対策方法は無いかと考えてみた。

一番簡単なのは部屋を暖めれば確実だけども、生憎 寝室にはエアコンのような暖房器具はないです。
 

部屋を暖めるような暖房器具はないけども、これ(電気敷毛布)は購入済みだったので今年もお世話になる事に。
 値段は安いけども、本当に暖かいです。 光熱費も安いし、買ってよかったと思えるアイテム

でも頭ままで暖かくはならない…

他に何か方法は無いかと考えた結果。
 開頭手術後のことを考えて購入したけど、片麻痺が強くて自分自身でかぶることが出来ず、一度も使えなかったニット帽があることを思い出しました。

今はリハビリのおかげで、手術後よりも多少は麻痺腕も上がるようになってきているので、ニット帽を自分でかぶる事は出来るので、着用して寝てみた。  うん イイ感じ。 寒い朝でも手術痕が疼かない!   

ただ 髪がぺったりなるのが難点だけども、健康で快適な朝を迎えたいから、これで冬は乗り切ろう。 終

コメント

タイトルとURLをコピーしました