闘病生活

脳腫瘍手術から10カ月経過 麻痺のようすなど比較

闘病生活
スポンサーリンク

令和3年7月に入り、早いもので今年も半分となりました。
 なんだか年齢は増えるけど、貯金は増えない無職療養中生活なので心苦しい日が続いてます。
 そして 気が付けば 令和2年9月1日の脳腫瘍摘出手術から 10カ月が経過しようとしています。

当時 病院内でも手術影響により 麻痺になり、リハビリ様子をブログ上に残しているので
 10か月目というところで比較してみようかと思います。

麻痺などの経過記録は入院中(リハビリ病院中含)で綴っていましたが、今回は約2カ月の様子と現在を比較してみようかと思います。

にしても 自分で過去の入院中の記録を読むと、あの時のつらさを思い出し
 これからの自分に降りかかる、大抵のシンドイことは乗り越えれる気がします 笑

スポンサーリンク

約2カ月目と10か月目 身体状況比較

手術より1.5か月目10か月目(現在)
片側声帯麻痺により常にかすれ声 大きい声は出なかった術前並みに回復
信じられないほど柔軟性が落ちていたが、室内の自力歩行は可能長距離歩きで体力が落ちてくると、麻痺側足 うまくあげられず地面を擦ることも。 走るなどは挑戦してません。
麻痺側左腕麻痺腕を前に伸ばす動作が徐々に出来るようになってきた。 伸ばし方が分からない腕はゆっくりながら前に伸ばすことは可能に
さらに上に伸ばすはリハビリ中 水平は絶好調で100度まで
左指小指、薬指がまだ 独立した動作が出来ません。ほんの少しだけ小指は分離運動ができるように
 しかし まだキツネのポーズなどは出来ません
※追記 最近まで人差し指、小指が筋緊張からなのか曲がらない症状が出てましたが、主に自主練で回復
痛み
(その他)
当時は麻痺関連で、まだ痛みは無かった筋緊張と麻痺の痛みが出てきて
 現在進行形で苦しんでます。無理にリハビリすると炎症するし

かなり大雑把でまとめてみましたが、やはり 最後の項目
 痛み が一番苦しんでます。

一番ひどい時は、寝ていても麻痺(肩の付け根部分)が痛みだし、起きてしまうこと…
 最近は麻痺腕まわりの拘縮が緩んできて 少しはマシになってきましたが
 腕の可動域はまだまだですね

きっと 自分が死ぬまで自主練なりリハビリは続けない環境、身体、心境になったと腹を括りました
 そして それが自分がこれからも生きていくという証でもあると思う。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今からでも底から這いあがる

コメント