日々の出来事

いじめで開けなかった 卒業アルバムを処分した

アルバムイメージ日々の出来事
スポンサーリンク

部屋の片づけをしてる時が、一番無心になれて楽しい気がします。

  ちょこちょこ片づけをして気分転換、 家も片付いて 相乗効果で気分も良い

そして 取り組み始めたのが、片づけで一番やっかいと言われている ”写真”

 その中でも過去の卒業アルバムたち

中学校の時の卒業アルバムを処分しました。

まず 基本的に見ることは無いけど、 当たり前ですが捨ててしまえば二度と見れない

 卒業アルバムを捨てることに賛否両論あると思うけど、少なくともずっと見ていなかったし 

特に処分すると決意してから何の抵抗もありまんでした。

スポンサーリンク

登校拒否時代の中学時代

  自分には中学校時代 いじめによって 登校拒否をしたまんま卒業をしたという過去があります。

卒業式が終わった数時間後   他の生徒が帰った時間帯に、自分と母親だけで校長室で卒業証書を受け取ったのは決して良い思い出でもなく むしろ嫌でした。

でも 当時の自分なりに 母親に卒業したよ 少しでも安心させたかったのでしょうか…

  ひとつの区切りです。
 

   誰に会うことなく迎えた一人ぼっちの卒業式 

 ただ 受け取るだけの形式 リハーサルも校歌もなんもなし

    5分ぐらいで終わったと思うけど… 最後に校長室で渡された卒業証書とずっしりとした 卒業アルバム

   中学時代の3年夏から いじめで学校に行かなくなったけど、まったく後悔してません。

卒業後は少し離れた 公立高校に通い 無事に卒業まで出来て 我ながらよく立ち直ったなと思います 笑

そんな 嫌な思い出しかない卒業アルバム

   同級生の顔も見たくないし、担任の顔も見たくないという理由で、一度も開くことなく  閉まっていた豪華な装飾がされた卒業アルバム

初めて開いた 中学卒業アルバム

中学時代なんて もう20年以上前の話

  当時の詳細は覚えていなくても 嫌だ、不愉快、ストレスという負の感情だけは、ずっと消えることなく残ってる

でも それも今

    初めて 捨てる前に卒業アルバムを開き 過去の自分の写真

   そして  いじめてきた相手  の写真

見たら どうゆう感情になるんだろうと思っていたけど…

いざ 少し緊張しながらアルバムを開き 自分の顔を見ると

 自分でも誰? と思うぐらい顔色真っ白で”生気”を感じない自分の表情

そして いじめてきた相手の顔も、こんな顔だったけ? と思えるマヌケな顔

なんだか いじめてきた相手の顔写真も自分の顔写真も 面白くて 思わず笑ってしまいました。

 20年以上経過したけど…

   自分は聖人でも無いから いじめた相手&担任を許した訳でもない

でももう この中学時代の暗黒歴史を、これで思い出す事は無いと思います。

   正直 どうでもよいと思えるようになったなと

   中学卒業もずっと 同級生に会いたくなくて 町を歩く時も嫌だったけど

  その恐怖が勝手に独り歩きして 年齢を重ねて 恐怖も比例して大きくなっていたようにも感じます。

高校時代になると 

 当時 角田 信明さんが いじめられていた反動で、空手を始めた話を聞き

 その立ち向かうさまに憧れて 自分も空手を始めたりして

 当時なりに 色々とやっていた事も思い出しました。 笑

卒業アルバムをシュレッダー すっきり!

  卒業アルバムって 作りがしっかりしているので大変やったけど…

     すべて シュレッダーに掛けました。

なんていう解放感!   スッキリ

 むしろ なんで ずっと家にあったのかと不思議です。

ずっと 過去に捕らわれ その結果 自分自身をいじめていたのかな

   いじめた相手なんて とっくのとうに自分の事なんて忘れてるだろうし 笑

   でも それももうおしまい。

気持ちがより前向きになれた気がする!

  さあ 今日も一日 がんばろう

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント