B級・珍スポット

大阪西成 100円で人情味溢れるお好み焼きが食べられる噂の屋台に行ってきた。

B級・珍スポット

日本三大ドヤ街… 東京の山谷、神奈川の寿町、そして大阪の西成だ。

以前よりも興味がある日本三大ドヤ街。
  山谷と寿町は行った事があるけども、実際にはじめて西成に行ってみて思ったのは、他のドヤ街と比べて規模が圧倒的に大きい。

今回、自分が西成を訪れた理由のひとつに、ネットなどで色々と紹介されている『お好み焼き屋(豚玉玉子入)』に行ってみたいという気持ちがあったので、行き食べてきた個人的な備忘録となります。

スポンサーリンク

山谷、寿町とは違う 西成

簡易宿泊所が立ち並ぶ

ドヤ街でよく見られる光景の簡易宿泊所が立ち並ぶ。 やはりこのドヤ街も独特の生活臭が漂う

三大ドヤ街に共通してることだけども、インバウンド効果で安宿を求める外国人観光客が増えている。

  ここは「西成区特区構想」から治安も良くなっているとも聞いている。 実際に訪問中に怖いと思うようなシーンはなかった。 

一番安い所では¥500円とあった。 

一番安い所では¥500円とあった。 
2泊から宿泊出来るようだ。 宿泊するだけのお金はあっても勇気はない…

ワンカップの種類が多い

お酒の自販機そのものは珍しく無いけども… 

  ここまでワンカップの種類が豊富な自販機は初めてみた。 

 0のフォントサイズが気になる

0のフォントサイズが気になる安い自販機。
  「ひやしあめ」があるのに関西を感じる

西成をぶらぶらとしていると突如行列が出来ている屋台を発見。 
 予め どこに出店しているのか調べてなかったけども、すぐに見つかり幸運。

夕方16:00頃にオープンするという屋台。 屋号もない?
 天候次第では開かない日もあるようだ。 にしても良い香りが漂ってくる。

手際よく寡黙に焼き上げ続ける店主

 行列には地元のおじさま方・最近色んなメディアでも取り上げられている影響で観光らしき若者が並んでいる。  

皆さんの様子を伺っていると、お好み焼き(豚肉玉子入)を2枚・4枚など注文を告げ、銀色のトレイの上にお金を置いていく、そこには無駄な会話が一切なく淡々と取引が行われている。

 その場で食べる事も可能だし、持ち帰りを告げれば、ちゃんと綺麗に包んでくれるのも印象的だ。
   その場で食べる場合でも割り箸もつけてくれる。

お好み焼き(豚肉玉子入)が100円。お好み焼き(豚肉玉子入+玉子1個追加)が150円。お好み焼き(豚肉大盛玉子入+玉子1個追加)が300円。とん平焼きが300円。

お好み焼き(豚肉玉子入)が100円。お好み焼き(豚肉玉子入+玉子1個追加)が150円。お好み焼き(豚肉大盛玉子入+玉子1個追加)が300円。とん平焼きが300円。

本当は、屋台横のイスに座って食べたかったけども…既に酒盛りのような状態になっており、空席があるものの混ざる勇気はなかったw 
 1つ前の画像ゴミ箱を見てもらうとお酒の缶だらけのがわかると思う。

一番人気?のお好み焼き(豚肉玉子入)を注文

豚肉・キャベツがたっぷり入っており、生地には山芋も使用されている。
 100円ながらしっかりとした味。 100円で温かい出来立てのお好み焼きが食べれるとは幸せだ。

 何よりも想像よりもちゃんと量がある事に驚いた。 これを2枚なり食べれば満腹になりそうだ。

今は何でも値上げしているご時世に、100円からのお好み焼きを提供してくれている店主。 まさにボランティアに近い精神だ。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました