B級・珍スポット

大阪西成地区 三味線になった猫の供養塔がある 松乃木大明神

B級・珍スポット

大阪府大阪市西成区にある松乃木大明神
 
 神社が創建された1901(明治34)年当時、三味線の胴は猫の皮が使用されており、その猫の供養のために遊芸関係者たちにより猫塚が建てられたらしいです。

猫好きの自分としても一度は手を合わせたいと思っていた場所なので、訪ねてきた個人的な備忘録となります。

大阪・新世界といえばこの景色が有名  老舗ふぐ料理店「づぼらや」のふぐ看板が取り外され少し寂しいけども、まだまだパワフル
大阪・新世界といえばこの景色が有名
 老舗ふぐ料理店「づぼらや」のふぐ看板が取り外され少し寂しいけども、まだまだパワフル
恵比寿町駅から阪堺電気軌道阪堺線に乗る。
恵比寿町駅から阪堺電気軌道阪堺線に乗る。
目的地最寄りの今池駅は2駅なのであっという間。  普通に歩いても来れる距離だけど、もっと乗っていたかった。
目的地最寄りの今池駅は2駅なのであっという間。 
普通に歩いても来れる距離だけど、もっと乗っていたかった。
今池駅の階段を降りるとこんな感じ。 文字通りヤバイ雰囲気しか伝わってこない。 平日の午前中早目ながら酔いつぶれている人が横たわっていた。
今池駅の階段を降りるとこんな感じ。 文字通りヤバイ雰囲気しか伝わってこない。
平日の午前中早目ながら酔いつぶれている人が横たわっていた。
大阪・兵庫で展開しているスーパー。  スーパーだと知ったのはここ最近で、それまではパチンコ屋だと思っていた。
大阪・兵庫で展開しているスーパー。 
スーパーだと知ったのはここ最近で、それまではパチンコ屋だと思っていた。
松乃木大明神を目指して商店街を歩く。商店街に女性がいる居酒屋が目立ちますね。 なので自分は居酒屋がオープンして、酔っ払いが増える前の午前中早い時間帯に訪問。  ※商店街を通行するだけなら問題ないと思いますが…
松乃木大明神を目指して商店街を歩く。商店街に女性がいる居酒屋が目立ちますね。
なので自分は居酒屋がオープンして、より酔っ払いが増える前の午前中早い時間帯に訪問。 
※商店街を通行するだけなら問題ないと思いますが…

近くには日本最大級の遊郭である飛田新地もある。

そんな商店街を歩いていると
そんな商店街を歩いていると
自分の知っている商店街と違う点も多々ある場所
自分の知っている商店街と違う点も多々ある場所
そんな商店街の途中を曲がり住宅街奥地へ…  特に案内も無いし、本当に神社があるのか不安になる 
そんな商店街の途中を曲がり住宅街奥地へ…
 特に案内も無いし、本当に神社があるのか不安になる 
あった! 住宅街に囲まれた場所に鎮座する松乃木大明神 近隣の方への配慮や他の意味でも遅い時間帯の訪問は避けるべきだと再確認
あった! 住宅街に囲まれた場所に鎮座する松乃木大明神
近隣の方への配慮や他の意味でも遅い時間帯の訪問は避けるべきだと再確認
松乃木大明神は明治34年(1901)からで※他より移転してきた、飛田遊郭は大正7年(1918)らしいので歴史は非常に古い ※明治45年の難波新地遊郭が火災にあい、飛田遊郭はその代替地となったのが発端
松乃木大明神は明治34年(1901)からで※他より移転してきた、飛田遊郭は大正7年(1918)らしいので歴史は非常に古い
※明治45年の難波新地遊郭が火災にあい、飛田遊郭はその代替地となったのが発端
商店街から100mも離れてないし、住宅に囲まれているのに境内はなんだか神聖な雰囲気漂う
商店街から100mも離れてないし、住宅に囲まれているのに境内はなんだか神聖な雰囲気漂う
撮影をする前にまずはお参りをさせてもらいます。
撮影をする前にまずはお参りをさせてもらいます。
ってお賽銭が入れずらい、投入口も非常に狭い(;'∀') 西成地区だから?
ってお賽銭が入れずらい、投入口も非常に狭い(;’∀’) 西成地区だから?
三味線の胴のかたちをしている猫塚

このエリアはかつて数多くの芸者&芸人がおり、場を盛り上げるお座敷にも必然的に三味線の需要もあった事でしょう。 その裏では三味線の胴と呼ばれている部分には猫の皮が使用されていたそうだ… 

その猫たちの供養の為に、遊芸関係者たちにより建てられたのが猫塚

猫塚よりも手前に、そして立派な近松門左衛門の碑 江戸時代の浄瑠璃および歌舞伎の作者 自分も名前ぐらい聞いた事がある
猫塚よりも手前に、そして立派な近松門左衛門の碑
江戸時代の浄瑠璃および歌舞伎の作者 自分も名前ぐらい聞いた事がある
境内には井戸もあった。  すごく試してみたかったけども、勝手に触ったらいけないと思い今でも水が出るのか未確認。
境内には井戸もあった。 
すごく試してみたかったけども
勝手に触ったらいけないと思い今でも水が出るのか未確認。
25年以上も空地になっているとゆう南海天王寺線の廃線跡
25年以上も空地になっているとゆう南海天王寺線の廃線跡

訪問前に地図で確認した時は、川か遊歩道だと思っていました。 廃線跡はフェンスで囲われており通行はできない状態。 

松乃木大明神
松乃木大明神

風が吹けば桶屋が儲かるという諺があるけども、この言葉を知ったのが小学校に入る前 その時も猫が三味線になるの!?という衝撃を受けたけども…今回も訪れるにあたり改めて心が痛くなった。

とかく今の世では有ふれた事ではゆかぬ。今日の大風で土ほこりが立ちて人の目の中へ入れば、世間にめくらが大ぶん出来る。そこで三味線がよふうれる。そうすると猫の皮がたんといるによって世界中の猫が大分へる。そふなれば鼠があばれ出すによって、おのづから箱の類をかぢりおる。爰(ここ)で箱屋をしたらば大分よかりそふなものじゃと思案は仕だしても、是(これ)も元手がなふては埒(らち)(あか)

— 無跡散人『世間学者気質』より、慣用句辞典 より転記。
気が付けば境内には猫たちが集まってくれていた。   猫塚がある場所で猫に触れ合えると思わなかった。
気が付けば境内には猫たちが集まってくれていた。

 猫塚がある場所で猫に触れ合えると思わなかった。
毎年11月22日・23日に、今池本通商店会により近松猫塚芸能祭が開催されているようで、松乃木大明神のご利益はスポーツ・技芸上達などらしいです。
毎年11月22日・23日に、今池本通商店会により近松猫塚芸能祭が開催されているようで、松乃木大明神のご利益はスポーツ・技芸上達などらしいです。

ここ松乃木大明神は、少し入り組んだ場所にあるので偶然に訪れてくることはほぼ皆無だと思う。
 それでも 諺の通り かつて楽器のために犠牲になった猫がいたという事実を思い知った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました