B級スポット

海がないけど見応え充分すぎる!山梨県立富士湧水の里水族館 森の中の水族館

B級スポット
スポンサーリンク

山梨県には海がないけど、全国にも珍しい淡水魚専門の水族館があると知り。 以前訪問した富士山レーダードーム館からも近かったので同日に訪問しました。

訪問日は何か所も施設を回る予定だったので、ついでに寄るくらいの感覚でしたが間違えでした。ここをゴールとする訪問とする旅でも、家族連旅行、大人デ―トでも十分楽しめる水族館です。

スポンサーリンク

水の女神がいるけどスルーして入口へ

山梨県立富士湧水の里水族館 森の中の水族館

向かう途中 陸上自衛隊の駐屯地前を通り あらためて富士を感じながら
 目的地である水族館へ向かう

この時点で緑に囲まれており、なんだか良い雰囲気。
 公園の一部に水族館がある感じなので、見学後は公園で遊ぶ事も出来そうです。

訪問日が平日だったので、遠足らしき小学生たちが公園内でお弁当を食べたりして過ごしていましたね。

入口に向かう途中にあった像。 なんだかわからないけど 悲しい気持ちに 笑

でも気になって後で調べたら これ一緒? あらためて悲しい気持ちに…笑笑

いよいよ入場 

お土産

入口にはお土産コーナーも用意されており、 受付カウンターで入園券を買う前から気になってしまいます。
  出入口が一緒なので、 自分は帰るさいに魚へんの漢字がまとめられた下敷きを購入しちゃいました。 笑

とても綺麗な館内です。 入ってすぐは小さめの水槽が多いのですが、二重回遊水槽や川の生育環境を再現している流水水槽などなど、あとで見るのが楽しみになりますが…

まず手前から見ていくことに

爬虫類もいるよ ※注意画像あり

おお ウーパールーパーもいるじゃんと見ていると…

突如 上から人の手が出てきて食事タイム これは貴重なシーンなのかな!? ともあれ

随分とカラフルで可愛らしいヘビです。 アオダイショウは聞いた事あるけどアカダイショウもいるんですね。
 コーンスネークとも呼ばれているようで、アオ、アカどちらのダイショウも無毒らしい。

う〇こがとてつもなく臭い ちょっと気になる自分は変?

透明度が高い二重回遊水槽 

水族館中央にある 二重回遊水槽 約3.000ものイトウ、ニジマスを含む魚たちが泳いでます。

画像 左が二重回遊水槽。 水槽の中に人がいるように見えて面白い。 でも あんまり見てると他のお客さんと目が合うので気まずくなる。

この水族館には2階もあり、上から覗くとこんな感じです。 大きさの異なる魚は区別されてるので捕食の心配もないとか

この二重回遊水槽は一階と2階を結ぶ階段もあり、中から水槽を見る事も出来ます。 富士の透明度が高い水を使用しているからこそ美しい感じる。

二階はこんな感じで学ぶ場所として提供されてる様子、100席もあるシアターなども用意。

デカくてビビる横見水槽

最初 画かなと思うほど2匹が綺麗に横なってるけど… 本物です。 体長1mを超す「ソウギョ」や「チョウザメ」を横になって見れる場所らしいのですが、昨今の社会情勢を踏まえ中止されてます。

それでも近くで見れる事には変わりないので、本当にあきることなく見続ける事が出来ます。

園内には、オルゴールの有線が流れており これがゆったりと時間が経過している気分に浸れて穏やかな気持ちになれました。

こんだけゆったりと見学出来て入園料は大人420円、小中学生200円、未就学児無料という安さ。駐車場は水族館から近い所に100台ぐらいの余裕があり、そちらは無料。 

いや~本当にガツガツしてない、まったり出来る素敵な場所でした。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ             
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今からでも底から這いあがる

コメント

タイトルとURLをコピーしました