闘病生活

定期的に訪れるMRI撮影 再発の恐怖

闘病生活
スポンサーリンク

令和2年9月に脳腫瘍摘出手術を行いました。
 がしかし 自分の場合 再発するリスクもあるという事で定期的(3か月毎)の病院でのMRI撮影が必要となってきます。

再発してるか、再発してないかの2択です。
再発してれば また摘出手術する事になると思います…

前回での手術の影響で左半身が麻痺が残っており
 日々リハビリに励んでいるのに 再び手術となったら 
 自分のお豆腐メンタルは耐えられるかわかりません。

病院でのMRI撮影当日 ドキドキしながらMRI撮影をします。
時間は15分ぐらい カプセルの中に入りますが…
その時 自分の人生の過去などを色々と考えてしまいます。

そして もし再発してなければ 次の検査までの3か月
一生懸命に生き抜いてやろうと…
色々と考え 涙ぐんでしまいまいました。

MRIの後 脳外科の先生から 『画像からも経過良好ですね』
と言われた時の安堵感たるや
本当に生きてるぞ! という純粋な感覚に襲われます

このMRI撮影は自分が生きている限り
 今後 文字通り一生続きます
 この緊張感に馴れる事はないでしょう

とりあえず 次は6月のMRI撮影まで一生懸命に生きていこう

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ             
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今からでも底から這いあがる

コメント

タイトルとURLをコピーしました