闘病生活

波動測定検査メタトロンを受けた話

チャクライメージ闘病生活
スポンサーリンク

今年 令和2年3月 自分は脳腫瘍が原因のてんかん発作により

  緊急搬送され そこから健康に対する考え方がガラリと変わりました。

今は、ネットで健康と検索すれば 色々な情報が出てきますが

  その中でも気になっていたもの 

そして 同じタイミングで一緒に受けてみたいという人が表れ

  挑戦してきたことがあります

それが…

スポンサーリンク

波動測定検査メタトロン

自分は何となくネットで見た事があったのですが…

 まさか 自分が実際に受ける事になるとわ 

 

そもそも 波動測定検査メタトロンとは?

ざっくりに説明すると

メタトロンとは、ソ連時代の科学者によって開発され、オムスクの精神物理学実用研究所にて取得したおよそ100万人のデータベース(男女、年齢別、人種別、健康な人、病気の人など様々)と動植物や鉱物の周波数を元に莫大なデータベースを構築し、身体のデータと比較し、統計学的に現在の身体の状態を調べます。

全身の生体磁場エネルギーを読み取り、エントロピーの状態を客観的に測定します。波動測定器というと何か怪しいと思われますが、メタトロンは当時のソ連が国策として作られた立派な医療機器です。

らしいです。

 正直 自分もピンと来ないどころか うさんくさいと思っておりました 笑

病院でMRIやCTと 色々と検査するけど、 それを脳の松果体を通じて 音で調べるものらしいです。

メタトロンは、体の周波数を測定をしています。周波数というのは、音と言い換えることもできます。メタトロンは体の中の音の共鳴を調べることで測定をしています

CTスキャンやMRIは電磁波や放射線を使って体の中を測定しています。

この場合、電磁波や放射線を使っているという怖さがあります。しかし、メタトロンは音を測っているだけなのでその面ではとても安全と言えるでしょう。

メタトロンドットコム

とりあえず 予約して受けてみた

ヘッドホン装着
ヘッドホンを装着している様子 髪が乱れまくり 笑

今回 受けたのは

 東京都渋谷区にある メタトロン富ヶ谷サロン です。

   撮影の許可もいただいております。  こうして画像でも記憶が残せるのは後からでも落ち着いて見直しが出来てありがたいかぎりです。

実際に受けてみます。

  ヘッドホンを装着して 何か音が聞こえる訳でも無いし 電気みたいなものが流れるだけでもないです。

5分ぐらいで終わったかと思いますが、 そこから今回 担当してくださった北村先生が丁寧に解説を踏まえて 教えてくださいました。

そもそも メタトロンの目的は?

まず これは医療行為ではありません。

 自分の状態を測定するためだと思ってます

そして その測定とは

体の状態

チャクラの状態

自分に合う食べ物と合わない食べ物

自分に合う漢方やハーブ、アロマ

自分の体質に合う薬やサプリメント

将来かかる可能性のある病気

 まあ 他にも 気軽に検査が受けられる、全身を一度にチェックできるなどあります。

脳の状態1
脳の状態2

今回 自分は脳腫瘍の状態を知りたかったので、検査を受けましたが

   自分のケースですと 今服薬しているてんかん発作を抑える薬の影響で

脳内の血流の働きが良すぎる  つまり正しく測定が出来ないという事でした…

 ※ 画像は自分じゃなく 同伴者が測定した画像となります

こうして 脳内の血流、部位だけじゃなく

    一度の測定で全身を調べる事ができ 可視化しやすいように色分けで状態が表示されています。

 つまり 全身の健康診断が手軽に出来るらしいです。

コロナ

また この時も今も 新型コロナが影響していますが、

  そのコロナ感染も調べる事が出来るらしいとの話もあり 驚きです。

実際に 受診したここではなく 他の場所で見つかり 実際にPCR検査を受けたら 新型コロナの感染が見つかったという例があったらしいです。

この時はさすがにドキドキしましたね。

 あと この時まではまだ 半信半疑で話を聞いてました 

身体に適した、食物や鉱物、植物などを想定

メタトロンでは、ただ身体の状態を調べるだけじゃなく

  自分の身体にあっている食べ物、あってない食べ物 

 他 鉱物や植物なども教えてくれます。

※ 今回の画像も同伴者のものです

そして 自分も測定してもらい 一番あわない食べ物 

 禁忌食品は、 胡椒   と表示 次がタケノコ

この結果には驚きました。

  自分は物心がついた時から 胡椒が苦手でした。

でも 人に話すと信じてもらえなかったりしてた訳ですが、 それが5分ぐらいの測定であっさりと断言されるとは 驚きです。

 次の禁忌食品のタケノコ これは食べる回数そのものが食材的に少ないと思いますが、 食べると何となく下がピリッとする感覚で避けてました。

 まさか その二つを当ててくるとは… 繰り返しになりますが驚きです。

こうして 合う食べ物、合わない食べ物を教えてくれるのでありがたいです。

 最後にプリントアウトしてくれますが、 可能なら撮影が可能なら

   他の表示画面も写真を撮れると 今後の比較も含め良いのかなと個人的には思いました。

 はじめこそ 半信半疑ですが… 興味がある方はぜひ受けてみる価値はあるかなと思います。

 この測定器のランクにより 値段も異なりますが 調べてみると色んな場所で測定出来るように増えてきてるようです。

今回 自分は受けてみて良かったなと思えるし、 何となく体調が悪いとかそういう方には興味があれば受けてみてほしいなと思いました。

診断後 何か変な本と物を販売とかも無いので安心してください 笑

自分の場合ですと、 これで脳腫瘍が治る! なんて事はないけど…

 今後の健康な身体のための食材選びの大きなヒントになりました。

北村先生

最後になりましたが、 北村先生 ありがとうございました!

 また 近く2回目を受けに行きたいと思います。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント