闘病生活

入院生活で持ってきて良かった物 1

闘病生活
スポンサーリンク

入院する前に、複数のサイトに『入院 必要なもの』で検索して辿り着きました。
書いてある内容は大体同じかなと思いますが…今回は 自分があって良かったと思う物を理由と共に綴りたいと思います。
たいていの物は100円均一で手に入るし、退院時捨ててきて身軽になるのも良いかなと思ってます。

スポンサーリンク

○延長コード

入院したての頃は、延長コードが無くてもちょうど良かったのですが、途中身体状況に応じて ベッド位置を変更したりしたので 複数口の延長コード(1〜1.5メートル)1本あれば だいぶ楽になると思います。

自分も術後 ベッドに寝たきりの時間長かったので、手元にスマホを置けるのは心の安定にも繋がりました。

○アイマスク&耳栓

睡眠の為に必要でした。

特に自分は6人部屋でしたので、今現在のリハビリ病院でも2人部屋ですが…
個室じゃない限り 周りの音は気になるもんです。


特に夜間は、鼾や場合によっては近くの人が排泄介助、痰吸引が必要な方だと音は聞こえてきます。
アイマスクに関しては、病院は消灯が早いけど、隣の人が急に電気をつけたり、まわりの消灯後のテレビの光 暗いからこそ目立ちます。

あと意外と夜勤の看護師さんが巡回で使用しているライトあれが眩しいんですよね(;´∀`)
人によっては顔を照らしてきますから笑 そりゃ起きるわ

蓋付きのカップ

自分は100円均一で買った プラスチックの蓋付きカップです。

プラスチックなので落としても安心
カップなので安定感もあり蓋も片手で開けれるタイプです。


これは片麻痺になり重宝しております。何より蓋付きなので、安心感もあります。
なんとなく 病院内で蓋がないとひっくり返すリスクもあり、不安になります。

 置き時計


これも100円均一で買いました。

病院内では基本暇ですが、食事の時間やリハビリがあれば、その時間を確認する必要もありますので小さいデジタル時計を購入しました。

アナログだと機械音が気になるかなと思ったからです。

日付も表示されるタイプなので重宝しております。短期の入院ならスマホで充分かと思いますど、自分の場合 片麻痺になり常に見える位置に時計がある安心感もありました。

スマホだと麻痺になってから、スマホを片手で持つのも大変だったので、用意しておいて良かった品です。

まあ こんな感じとなります。

退屈な入院生活少しでも快適におくるためにも準備は必要かなと思います!


さぁ〜今日もリハビリ&自主練習だ!

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント