闘病生活

見守り視線を気にせず一人でシャワー浴びたい!

闘病生活
スポンサーリンク

入院生活中 自宅と違い 外の気温がわからないほど空調管理がしっかりとしており快適に過ごせておりますが、リハビリなどすると運動量は少ない筈なのに、汗をかきます。

それに 頭の手術後の縫い口もあるので少なくとも2日に一回はシャワーを浴びるようにしておりますが…


入浴は基本的に看護師さん立ち会いの元の入浴です。また看護師さんも20代前半の女性が多いので、裸を見られるのは自分でも正直気まずいです。

看護師さんは慣れてるだろうから自分の事をじゃがいもを洗う感覚に近いと思うけど笑


最初はお風呂場のタイル足場も怖かったけど、良くも悪くも慣れてきたけど、自宅では油断せず、洗い場へ滑り止めマット購入も考えてます。


さて、入浴 脱衣は一人で何とか出来ますが、やはり身体を洗うのに片腕だと限界があります。健側の右腕と背中は難しいですね。
入浴後の身体を拭くのも同様です

スポンサーリンク

そこで またしても病院着でネットで買い物


背中を洗う柄付きのボディーブラシです。

これを使ってやってみようと思いますがどうなることやら。


ちなみに入浴介助無しだと狭いシャワー室がありシャワーチェアーや手すりも完備されてるので、そちらなら一人で入れる気がします。

もちろん危険は伴うけど…退院したら嫌でも一人で入るんだからしどうせやるなら早目に挑戦して試行錯誤したい!


また介助付きのお風呂場は使用時間が限られてるので、看護師さんによっては、手際よく全ての動作を手伝ってくれます。

これだと自分は楽だけど…何のリハビリにもならないし…

でも 看護師さんも次の順番を気にしながらの介助なんで、自分は何も言える立場じゃありません…


あっ〜早く一人で羞恥心もなく、気兼ねなくシャワー浴びたいよーーーーー

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント