闘病生活

入院前のPCR検査受けてきた

PCR検査イメージ闘病生活
スポンサーリンク

いよいよ 令和2年8月31日(月) 入院です。
 でその翌日は脳腫瘍(神経膠腫)の覚醒下手術。

もう ここまでくると覚悟は決まっており、自分でも驚くぐらい落ち着いています
今日も寝すぎました笑

 昨日は、入院前の大事なイベント
 PCR検査を受けてきました。

 今回は入院する人を対象にした保険適用のPCR検査+CT検査。

予約した時間に20人ぐらいが集まり
 この人たちが皆 今日、明日に入院するかと思うと、大きい病院って人の出入りがすごいんだなと感じました。

ちなみに、午前と午後の部で分かれており 実際に検査を受けた人数は多いと思います。

スポンサーリンク

実際の検査の様子は

よくメディアなどで見る様子とまったく同じです。

 鼻に小さい棒を突っ込み 実際は2~3秒ぐらいだと思いますが
 1分ぐらいやられてるようなイメージ

痛いという事はないけど… そのギリギリなイメージ笑
 不快感がすごいです

はじめ 左と右 どちらの穴が良いですか? と訪ねられたけど 
 特に鼻のつまりもなかったので どちらでもと答え
 マスクをずらし鼻だけ出して 壁に向かい座り検査を受けました。

壁側に座る意味として どうしてもクシャミなどをする人もいるからようです

胸のCTスキャン

PCR検査の後は、 流れ作業でCTスキャンです。

 特に着替える事もなく 撮影してすぐに終わり 

 こちらも5分ぐらいでしょうか

なので 病院の手際も良くて 待ち時間含め1時間も掛からず終了

結果は? 受けてみて思う事

手際良く PCR検査を受けて 
 気になる結果ですが、 その場では教えてくれません。

今回は、入院する人を対象にした検査なので、 陽性反応が出た人だけに対して
 入院前日までに病院から連絡が来る流れになってるようです。

PCR検査の費用って 何だか高いイメージですが、

今回は保険適用なので いくらかお安くなると思っております。
 で肝心の費用に関しては、実際の入院費用に含まれるので 清算は後日まとめてに含まれるようです…

 気になっていたから知りたかったなぁ~

今回 実際にPCR検査を受けてみて 

 PCR検査は確かに大事かと思うけど… あくまで検査を受けた時までの結果

 検査を受けた後からの感染するリスクは今まで通り何も変わらない

 むしろ検査を受け 陰性で安心して油断するような人が増える気が個人的にはします。

 自分が新型コロナに感染してしまったかも? という心的負担を軽減する意味では、検査を受ける意味は大きいと思いますけどね

難しところです。
 とりあえず 自分は病院からはまっすぐ帰宅して
  今日は外出しないで 明日の入院生活に備えたいと思います。

さーて 今日も一日 テキドに頑張っていこう!

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント