B級スポット

日本銀行金融研究所貨幣博物館に行ってきました。

B級スポット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本銀行金融研究所貨幣博物館

皆さん お金は好きですか?

 嫌いという人はいませんよね笑

自分も好きですが、残念ながら縁がないものだと感じてます…

 そもそも お金のルーツは何ぞやと 貨幣に関する歴史などを貴重な資料を踏まえて

 学ぶ事が出来る所が東京駅近くあるみたいです! しかも 無料!

 これは行ってみたいと思い 行ってまいりました。

アクセス

日本橋口から徒歩約10分

東京駅日本橋口駅から 徒歩で行けると聞いていたので日本橋口を探しますが…

まず東京駅内で普通に迷いました。

 どんだけ 方向オンチなんだ自分 ちゃんと案内標識もあるのに…

 駅から出ても また少し迷いました 

 普通の人ならば 10分も掛からないと思いますが、自分はネタでもなく 30分近く掛かったと思います。

 日本銀行研究貨幣博物館が入ってる建物はわかりやすいです。

ちゃんと 看板も出てますし

貨幣博物館
厳かな雰囲気を感じるけども 無料です笑

いざ 入場! 簡単なアンケートと荷物検査

  自分が外で写真を撮ってる時でも、何人もここを訪れてきました。

中には10人ぐらいの団体さんも、ふらっと来てる感じでした。

 中に入ると警備員の方が数名 

さすが お金を扱うだけあって 厳重な雰囲気です。

 まず 簡単なアンケート 個人情報などは記入しません。

 訪問人数と都道府県だけを記載するだけでした。

そして 荷物検査   ただ カバンを見せるだけじゃなく  

 空港みたいな 荷物をX線? みたいなレーンに乗せ 自身も金属探知機のゲートを潜ります。

 ちょっとドキドキ  腕時計やベルト外すことなく通過出来て 安心したのは秘密です笑

館内の展示室は撮影は禁止、 それまではOKとのことです。

 荷物は受付の所に、コインロッカーがあり これも嬉しい完全無料

 外を無駄に歩いて疲れていた自分には嬉しいサービス

階段を上がり 2階 石のお金がお出迎え!

石
古代 石のお金

よく漫画では見るけども… 実物の大きさは結構あります。

  いよいよ見学が始めるかと思うとワクワクします!

階段を上がり 売店なども見えますが、帰りの楽しみにしみに笑

 現金一億円 持ったことありますか?

   一億円 自分には縁がない響きだけども…

ここでは 一億円の重みを体験する事が出来ますよ~ 

   自分もこれを目的に来たようなもんですからね笑

一億円
1億円を持ってみませんか? 軽い気持ちで誘ってくれます

 これは挑戦してみたい!

 自分とほぼ同じタイミングで入場した 団体さんも皆挑戦しており

 自分は少し離れた所で順番待ちしてました…

そして 誰もいなくなったのを見計らい 

  うお  初めて味わう 何とも言えない重さ!

数字にすると 約10キロぐらいらしいのですが お金だと思うと重みが違う気が

   小心者全開です

貨幣博物館
展示室入口手前 否応無に期待値が高まります

展示室内も見所たくさん! 

  中にはたくさんの人が見学しており 驚きましたが、それでもじっくりと見る事が出来て満足です。

 貨幣の歴史 現物 本当に色々 小さい子供でも楽しめるような工夫もさてました。

 中には、千両箱の重さを体験出来る! なんて物もありましたよ~

にしても ここにも数名の警備員の方が、あらためてお金を扱ってるだと思いました。

ちょっと見るつもりが、 40分ぐらい見学してました。

 本当にお勧めな場所です。

自分が購入した 自分へのお土産

マウスパッド

 ただのマウスパッドに見えるけども…

    よくよく見て頂くと

刻まれた紙幣

刻まれた古い紙幣達!!

これは欲しいです! 

 ちょうど 100円均で買った マウスパッドが使いづらくなってた所だし笑

しかし 確か\800円ぐらいだっと思いますが、 その値段に相当悩みました。

 けど 折角だし 金運アップするかもと思いで購入しちゃいました。

まとめ

 ここも無料ですし。

東京駅からも迷わなけば 歩いてこれる距離だし

 誰しもが興味があり、必要なお金がテーマ

身近な存在に 偽造対策で色々とされてたりと新しい発見があるかと思います。

 ただ学ぶだけじゃなく 重さを体験出来たりと 面白いスポットです。

是非とも 興味を持ったのならば 休館日には気を付けて行ってみてください!

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント