闘病生活

医師に診断書書いて貰ったけど、書き直しで遅くなった 障害者手帳&自立支援の更新

闘病生活

今保有している自立支援医療制度障害者手帳(精神)の更新時期が迫ってきました。 

 少し前まで保有している自立支援と障害者手帳の更新時期が異なっていたのですが、この2つの更新時期を役所にて更新時期を整えていただきました。

前回訪問していた時に、更新に必要な書類などは貰っていました。  書類の準備で一番時間がかかるのは…やはり担当医に書いてもらう診断書です。 

今回 更新時期に書類が必要なのですが、診断書は1部で済むそうです。 それは経済的に助かりますね。 

環境が変わるのは不安付き纏う

定期的なMRI撮影が終わりに担当医に書類作成をお願いしました。

 そして約3週間後 電話で書類が出来た事を確認して、書類だけの為に都内の病院へ。
  支払いを済ませ、書類を受け取る。 さあ このまま地元の役所へ行こうと思ったけども…

受け取った書類を見ると…何か違和感が… 
   その違和感がなんだかよくわからないので、今まで書いてもらった診断書などはクラウド保存しているので、その場で完成した書類を見比べると…

大事な項目が何カ所か空欄のままやん。  でも これが今の自分の症状だと空欄で良いと先生が判断したのかがわからない…  

 文書窓口に戻り尋ねると『先生じゃないとわからないですね~。 担当の先生が病院に来るのは1週間後です』

自分 … …

早く書類が欲しいと思っても先生も忙しいよね。 書いてもらう文字も達筆過ぎて読めへんもん

空欄が多い書類を役所へ持って行っても仕方ないし、病院側から先生に確認してくれるというので預ける。

 それから2週間後ぐらいに送料は病院負担で郵送で自宅に送ってくれたので(添え状には記載ミスとありました)、そのまま地元の役所へ行き自立支援医療制度障害者手帳(精神)の更新手続きをおこなってきました。

 予め必要書類などを聞いていたので、窓口ではスムーズにいき5分ぐらいで手続き完了。
 手持ちの障害者手帳の有効期限は令和4年10月いっぱいなのに対して、更新作業は2カ月半はかかると言われました

そういって実際は早く書類出来あがるんでしょ? なんて以前なら思っていただろうけども、何度も役所に通ってわかったのは遅くなることはあっても、早く来ることはないってこと 笑

今は精神障害1級だけども… 症状&診断書からして同じ等級はありえないと思っています。  でも自立支援制度の継続と精神障害3級ぐらいの変更でおさまるといいなぁ~

自立支援制度が無くなると医療費が大きく異なるのと、精神障害3級でも出れば 障害者雇用という方法で仕事探しもできるから

コメント

タイトルとURLをコピーしました