闘病生活

初の障害者年金(過去分)が奇数月に振り込まれてた

闘病生活

タイトルの通り人生初の障害者年金が振り込まれておりました。

金額に関しては先日、日本年金機構から届いた通知通り、障害者基礎年金と障害厚生年金が同時に振り込まれてた。

 


 正直 これだけで生活しろと言われたら、かなり厳しい額だけども… 頂けるだけでも感謝です。
 20歳を過ぎてから心底年金なんか支払いたくない気持ちで嫌々支払っていたけども、今は過去の自分を褒め倒したい!

今回支給された障害者年金は、過去分の一時金ということらしい。 
 自分の場合 申請がR3年10月下旬で、今回の支給された過去分というのが同年10月11月の2か月分が、奇数月であるR4年1月に支給となった。

次回からの支給は老齢年金などと同じく、偶数月の2月に12月・1月分が支給となる見込みです。

ただ自分の障害年金のケースだと更新もあるので、次回は等級ダウン、支給停止も想定できるので、必要以上に頼らないよう気を付けたいです。 なんだか申し訳ない気持ちもあるし…


 なにより今は失業保険があるので、障害者年金は手をつけずそのままキープしておこうと思ってます。

失業保険が終わった段階で仕事が見つかってないケースもさることながら、病気が再発しないとも限らないからね(;’∀’)
 そんな事考えたくもないけど…最悪のケースも可能性として、今更ながらでも金銭的備えはつくっていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました