闘病生活

説明は最低限の障害者手帳受取 

闘病生活
スポンサーリンク

申請しておりました障害者手帳を受け取ってきました。

自分がスマホにつけてる記録を見ると、10月30日書留郵便、11月13日受取
1ヵ月ちょいでの受け取りとなりました。
当初 役所していの手帳受取日は24日だったのですが、予定が被り相談した所 前倒しがOKとなり受け取ってきました。

障害者手帳も複数種類がありますが、自分が申請していたのは

精神障害者保健福祉手帳 になります。

役所窓口に赴き 手帳の申請が通りましたよ~的な用紙1枚と指定サイズの写真1枚、判子のみを持参

スポンサーリンク

障害者手帳を受け取って

窓口にて 持参した写真を渡して ちょっと待つと自分の顔写真の貼られた手帳が渡されました。

受け取って最初に思った事は…

あぁ~本当に自分 障害者なんだな…

と悲しいとわ言わないけども何とも言えない気分に…
 

前回 役所に受け取りに関して電話したさい、1時間ぐらい障害者手帳の説明かかるといわれましたけど…

非常に淡々としていたもんです。

予め説明用紙があり、それを上から順番に読むのみ これが約5分ほど

その後 少し分厚いカタログのような障害者手帳に関する冊子も渡され終了

自分があとから質問&手続きをいれても20分くらい

聞かないと教えてくれない

対応してくれた職員さんは、言葉遣いも丁寧ですが…

非常に淡々としています。

日頃 何度も説明してるからでしょうか…

ですが、こちらは初めてです。不安な所も多いです

障害者手帳に関して 発行されると受けられる
税制制度上のこと、交通、ライフライン上のことなど聞いてみると

淡々と教えてくれ、中には この窓口でしか申請出来ない事もありました(-_-;)

家に帰ってから 先ほどの冊子を読んでたら、また役所にくるようでした

役所は督促は黙ってても来るけど、優遇される事に関しては、こちらから聞かないと教えてくれませんね。 

福祉特別乗車券

他の自治体などはわかりませんが、

自分の住んでる市内のバス、地下鉄などが乗車時にこの福祉特別乗車券を示すと乗ることが出来ます。

一年更新で、その額年間¥1.200円

この申請が役所この窓口だったので、当然すぐに申請すると

自分の名前などが記入された振込用紙を渡され、最寄り郵便局で払うと郵便局窓口にて発行してもらえるという仕組み

自分の場合 更新月を少し過ぎていたので¥1.100円となりました。

JRなどの電車は対応してないけど、てんかん症状を起こして運転が出来ない自分にはありがたい神制度

水道料金の減免制度

この制度も役所窓口から出来るので、すぐに申し込み

これは水道代の基本料金のみが、減額される制度です。

水道なんて固定費だから安くなるのは嬉しいですね。

※減額を受けるには条件等がありますので確認ください


他にも色々と優遇制度はあります

申請するも、しないも個人の自由ですが…

自分は申請する選択をしました。

この手帳を大事にして現実を受け止めて 日々のリハビリに挑み

何も考えてなかった平穏な日常を目指したいもんです

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント