闘病生活

セルフレジは話さずゆっくり支払い出来て安心

闘病生活
スポンサーリンク

 

病院内のコンビニに買い物よりも気分転換目的で良く行くようになりました。


一度で済む買い物もあえてわけて2回 行ったりしてます。午前 マスクを購入、午後は豆乳のように。

看護師さん付き添いだと 安心な一方   ゆっくり買い物も出来ず今は、一人での買い物もOkになったのでかなり気が楽です


左麻痺だとマイバックから財布を出すのも大変ですが、ましてや支払いが現金なら なおハードルが上がります。小銭を出すのが大変なので毎回お札で支払ってしまいます…


でもコンビニになら支払いもスマホを使った決済が可能なので楽ちんですね。お釣りのやり取りもないですし。特に院内のコンビニは、セルフレジも充実してるので他のお客さんを気にせずマイペースで支払いできるのは嬉しいですね。

それに、術後 声帯麻痺により声がうまく出ず話せないので

コンビニでの会話 『レジ袋はひつようですか?』『ポイントカードはお持ちですか?』のこんな簡単な受け答えも、マイボイスですと店員さんは聞き取れず困惑顔になりました。

病院に併設されてるコンビニなのに…これが一般の街中ならより高確率で困惑顔されるかと思うと、やはりセルレジが最高です。

今は、ポイントカードもスマホアプリに入れたのでスマホさえあれば買い物が出来て便利すぎる

Stocardというアプリ 通常のバーコードタイプのポイントカードなら色々とまとめられるので想像以上に楽です

それにセコいかも知れませんが1ポイントはでも貰えるのなら欲しいです
もっとも無駄な買い物を控えるのが先決やけど…笑


退院後もあらためて、極力カード決済、スマホ決済に切り替えようと思います。
ただ難点は、実際のお金のやり取りが、無いのでお金の管理をしっかりして使い過ぎに注意しないとね😁
無職だし…

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント