B級スポット

北海道 知床自然センターから徒歩で訪ねるフレペの滝(乙女の涙)

B級スポット

世界自然遺産でもある北海道の知床。 
 せっかくの訪問ならば、知床五湖などと行きたい所はたくさんありますが、自分はフレぺの滝 別名「乙女の涙」 その名前だけで興味を持ち、訪問してきた備忘録です

綺麗な知床自然センター

フレぺの滝を目標に訪問してきたのが、大型バスも対応している駐車場も完備の「知床自然センター」
 内部では知床の情報を集めることもできるし、食事が出来るカフェ、アウトドアグッズ充実の売店も完備

高さ12m×幅 20mのスクリーンに投影される4K映像

ここではなんと映画がまでありました。
知床の自然を映像で理解できるようにとオリジナル作品『知床の冒険』『THE LIMIT』の2つが交互で上映されております。 ※映画のみ有料

 内部は全146席もあり本格的

上映開始時刻もちょうど良かったので『THE LIMIT』を鑑賞。 知床におけるヒグマとヒトの共生をテーマにした作品ですが、大画面での綺麗な映像に加え音声も5.1chのサウンドとゆうこともあり、迫力ある作品に惹きこまれました。

映像に熊がカメラに走ってむかってくるシーンがあるのですが、めちゃくちゃ怖かった…

ヒグマの学術捕獲

先ほどの映像を見たあとなので、おそろしく感じる。
  麻酔が効いているとはいえ、その計測作業は恐怖にしか感じない

剥製とわかっていても迫力ある

ここで見る剥製の熊は、なんか迫力がありすぎる…

ミニクイズ 動物の毛くらべ

3種類の動物の毛が並べられており、熊はどれでしょうか?というクイズ

正解はA
正解はA

正解はAがヒグマの毛です。
 にしてもイラストのクマは強すぎそうだよ…

さて見学も終えたし、目的のフレぺの滝へ移動しようと思っていると、その遊歩道へのヒグマ出没状況が掲示されているのに気付きました。

フレぺの滝にいく遊歩道は整備されており、以前に比べ断然歩きやすくなっているとのことですが、やはり大自然の中。
 訪問時期によると異なると思いますが、ヒグマが出没するケースもあるそうだ…

ここ知床自然センターの横からフレぺの滝へはここから片道1キロ程度の距離。人によると思いますが15分から30分ほどの散策で到着します。

訪問日 この日はヒグマの目撃情報もなく、遊歩道の利用が可能。
 ヒグマ目撃情報があると、危険なため遊歩道は利用出来なくなるそうだ…

急に緊張感でてくる生い茂った道。
 知床センターでは双眼鏡や、もしもに備えての熊撃退スプレーなども有料レンタルしてくれる。

大自然の中で気持ちが良いけども… 不安も感じる道。
 自分は見れなかったけどもエゾシカの出現率も高いようなので会いたかった。

まあ熊にも出会わなかったのは幸いだった。
 散策中での無音は不安だったので、熊よけに「森のくまさん」を歌いながら進む。  

背後には夏の美しい知床連山

熊に怯えながらも進むけども、フレぺの滝までは一本道とゆう事もあり、他の観光客ともときどきすれ違います。 みなさん それなりにラフな姿だった。
 やはり がっつりトレッキングコースとゆうよりも、比較的手軽に大自然を味わるコースなんだろうね

ようやく到着フレぺの滝

夏場ながら、自分が思っていた以上に水量もあり迫力があった。

フレぺというのはアイヌ語で「赤い水」という意味らしいけど、自分にはそれがよくわからない。
 別名である「乙女の涙」は、水がほろほろ落ちていく様子かららしいです。

おじさんだって泣く時に、涙がほろほろすることもあると思ったけども屁理屈すぎだね。
 

ちょうど観光船も近づいてきた

遊歩道のゴール地点には、屋根が完備された展望台もあり、休憩しながらフレぺの滝・知床連山の絶景を楽しむ。 
自分は歩くのが遅いけども、本当に歩いて辿りつけたことと、絶景に感謝。

知床方面で滝を見たいけども、歩くのはちょと… という方にお勧めなのが、国道334号線沿いにある 「オシンコシンの滝」です。 道路沿いにある滝 

落差は50メートルあり、日本の滝100選にも選ばれているらしい。水量も多く目の前のオホーツク海に流れていく様子に大自然を感じる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました