B級スポット

対馬  対馬特有の文化 屋根が石で出来ている倉庫群 「椎根の石屋根倉庫」

B級スポット

対馬の観光で検索しても必ず出てくる場所でもある、「椎根の石屋根倉庫

 その石屋根という独特の文化を是非とも見たい!

と思い行ってきた個人的備忘録です

場所は、小茂田浜公園から近い場所。
 椎根の石屋根倉庫と一緒に見学ルートを組むと良いと思う。

特に駐車場なども設けられてないので、近くに路上駐車をするしかないです。 
 ここも観光バスが来るらしいけど、バスみたいな大きな車 どこに停めるのだろうか?

という自分も交通量が少ない道路といえ路上駐車なので、朝早く手短に見学

道路から近くにポツンとあった。

周りを田んぼに囲まれている、長閑な場所にあった。

重量感のある石屋根

近くで見ると、石屋根も平らな石(石板)が葺かれており。
 国境に近い島・対馬だからこそか、余計に異国情緒溢れる雰囲気に感じる

解説版

観光地らしく解説版が用意されていた。

 この解説版には英語表記はあるけど、対馬訪問で一番多いだろう韓国人向けのハングルは無かった…
 韓国人観光客が増える前から掲げられてるのかな?

解説版

解説によると、この椎根の石屋根倉庫は・米・麦及び雑穀・衣類・什物・貴重品を火災から護るための倉庫であり、中は格納する部分が区画されているらしい。
主屋から著しく離して建てるのも防火上の配慮からであり、人は住んでないらしい。

自分でも調べてみると、農民に瓦葺が認められなかったらしく、それで石屋根で対応したという情報もあった。かつては対馬には多くの石屋根倉庫が存在していたらしいけども…改造やら解体されていっているらしい

床は高床式

中の様子が気になるけども、窓のような物は無く。 まったく見えない

大正15年完工

もっと古い倉庫かと思っていたけども大正生まれ。 
石板を屋根に葺く文化は、いつ頃から始まったかの詳細は不明らしいです。

近くにはトイレもあった。

消防団の建物と一緒にトイレがあった。 
公衆トイレじゃなく、公衆便所というストレートな表記。

近くに石屋根倉庫群があった

Googleマップだけの情報で訪れたのですが、石屋根倉庫は1棟だけじゃなく近くには他にも石屋根倉庫がありました。
かつては島内で多く見受けられたというだけのことはありますね。

でもよく見ると、ほとんどが石じゃなく瓦が葺かれている

観光用じゃないためなのか、保存状態はあまり良くないです… 
ある意味リアルな姿かもしれないけども

現役であろう石屋根倉庫群

こちらの石屋根倉庫群は、今でも使用されているような雰囲気。
 現役の雰囲気もあるので手短く、静かに撮影させてもらいました。

落ちてきそうでちょい怖い

火災には強いと思うけど… 耐震性などはどうなのだろうか?

ちょっと小振りな石屋根倉庫

椎根の石屋根倉庫という、どこか異国情緒を感じる素晴らしいところでした。
 石屋根倉庫はここだけじゃなく、対馬空港近くだったり、万関橋近くの休憩所スペースにもあるので見るだけなら可能です。

ただ対馬に訪れて時間が許すなら、ここ椎根の石屋根倉庫の方が周りの雰囲気も含めておススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました