スポンサーリンク
B級スポット

熱海の浪漫あふれる 起雲閣へ行ってきた。

起雲閣B級スポット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

起雲閣とは…

伊豆方面へ行った帰る道中 せっかくなので寄り道をする事に
 ネットで調べて 個人的に興味をもったのがこちら起雲閣です。
熱海市指定有形文化財 らしいです。

起雲閣(きうんかく)は静岡県熱海市昭和町4-2にある近代建築。熱海市指定有形文化財。1919年(大正8年)に建築。元は実業家根津嘉一郎、農商相・内田信也の別邸であり、所有者が変わった後は旅館として営業していたが、2000年(平成12年)からは熱海市所有の観光施設となっている。日本近代建築の特徴を備えており、暖炉やガラスの採光、そしてローマ風呂といった大正時代以降のモダンな建築様式が残っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

伊豆方面に出かけた帰りなので、熱海方面で探していた時
 自分は偶然に知りました。 駐車場は無料です。 入場料は大人¥510円
ちょっと半端だなと思ったけど、気にせず訪問する事に!

地図
光で反射して見辛いけど地図
庭園を囲むように見学ルートが決まってます

およそ1000坪を誇るというの広大な庭園 もあります。
   夕方の訪問で真っ暗なのが残念…

下駄箱に靴をしまい スリッパでいざ入場 

 見学最初のコース 館「麒麟・大鳳」(きりん・たいほう)
   履いたスリッパをすぐ脱ぐよう指示されます

館「麒麟・大鳳」(きりん・たいほう)
鮮やかな藍色も目立つ 

部屋には女性スッタフが訪問者に対して 丁寧に説明してくれるようですが、
自分のほんの少し前に入った別のお客さんにつきっきり

  まぁ~ 気軽に見れるし 学の無い自分には良く判らないと思うし良しです。

歪んで見える窓ガラス ”大正ガラス ”

順番が前後するけども、 ガラスが歪んで見えてました。
   手作り感ある感じ。 帰宅後 気になったので調べたら
当時の職人が一枚一枚流し込んで作った「大正ガラス」 らしいです。
   一枚一枚手作り感が伝わり 美しく感じました。

洋館「玉渓」(ぎょくけい)

洋館「玉渓」(ぎょくけい)

和だけかと思いきや 暖炉などもある。
 思わずソファーに座りたくなるけども、禁止されてます。 
庭園を眺めながら 暖炉に座る生活なんて想像できません

文豪の間・初霜

起雲閣ゆかりの文豪たちの資料が展示してあります。
太宰治、三島由紀夫、武田泰淳、 舟橋聖一 などそうそうたる作家たちのパネルが展示してあり、ここが旅館だった事を再認識できます。


正直 自分には文豪と言われてもピンときません。 鳥山明とか言われた方がテンションあがるかも

ローマ風浴室

蛇口

実はこのローマ風お風呂を見たくて来たようなものです。
 想像よりもこじんまりした雰囲気ですが、趣きは素敵すぎです。

調べてみると、1989年の改築の際、多くの部分で現代の材料に改められてしまいましたが、ステンドグラスの窓やテラコッタ製の湯出口などは、建築当時の物です。
 
当時 どんな雰囲気でこのお風呂に入っていたのでしょうか…
  映画 『雪夫人絵図』にこのお風呂のシーンがあるみたいです。

庭園も立派なので、季節に応じて来る価値あり!

 庭園も立派です。 熱海街に居る事を忘れてしまいそうに
  まったりとして時間を過ごしたいのならば是非とも

自分みたいに文豪の事をよく知ってなくても楽しめました。 
   今回 訪問時間が遅かったので行けませんでしたが、喫茶店もあり 庭園を眺めながら過ごす事も出来そうです。

庭園 見学料の含まれてるので、見る事が出来ます。
   夕方になると外灯もないので見えませんが、逆に 麒麟・大鳳 が綺麗に見えました。

起雲閣
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント

スポンサーリンク