闘病生活

手術より7週間経過… 身体の変化は?

闘病生活
スポンサーリンク

脳腫瘍摘出手術を令和2年9月1日に行い約一ヶ月半程経過しました。
左麻痺の事を中心にブログに綴ってますが、脳腫瘍再発の心配も拭えません。


ただそれだけを考えても仕方のないことなんで…
日々脳腫瘍は、もう完全に消えたイメトレはしております。

スポンサーリンク

術後7週間目 身体状況

病名 脳腫瘍 神経膠腫(グリオーマ)グレート2  乏突起膠腫

 
…リハビリは筋トレ、有酸素運動がメインで病院内では特に不便を感じずが可能(階段含)

ただ 麻痺してた左ハムストリングス部分の柔軟性が落ちておりガチガチです。
今後の怪我予防のためにも、ストレッチ運動は必要


…  声帯麻痺→詳しい検査を受けてないので確認取れませんが、転院した頃から徐々に改善してきました。
掠れ声が減り 少しずつ地声を取り戻しつつありますが、高い音と大きな声が出ません。出る声が小さいと当たり前ですが聞き直されます…


麻痺側左腕…左腕麻痺→腕を伸ばす動作が徐々に出来るように。


肩甲骨が本当にちょっと可動域が増えてきたので腕も水平より若干あがるようになってきましたが、目標のバンザイは痛みが伴うので…
自主練習もしづらいです。

左指→ グーチョキパーは出来ますが、小指、薬指がまだ 独立した動作が出来ません。
今後 仕事の事も考えるとやはりパソコンは使いたいので、目標としてパソコン操作が課題だと思ってます。


何よりも日常で積極的に、麻痺側の左手を参加するよう心掛けてます。
どうしても意識しないと 健側側の右肩手だけでやってしまいます。

左腕も意識しないと、ダラーンとなってしまうので(;´∀`)
まだまだリハビリは必要です!

日頃の生活動作にも麻痺側の身体も参加させないとね。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント