闘病生活

脳腫瘍手術から6か月経過 

闘病生活

令和2年9月1日に覚醒下による脳腫瘍摘出手術を受けたので
本日で半年経過となりました。

なんだか もう何年も前の事のように感じますね

基本 現在経過観察のみなので、朝夜の癲癇発作を抑える服薬のみ

特に手術跡が痛いとか、雨天時の体調変化なんかも一切ありません

あとは3カ月に一度 脳腫瘍の状態確認をするMRI撮影
 これが本当に恐怖でもありますが…同じ病状を持つ方も同じ恐怖に立ち向かってるのを知ってからは、基本的には怖いけど あまり考えないようにしてます。

だって 考えても何も出来ないし 不安になるだけなので

スポンサーリンク

麻痺改善のリハビリ状況

術後当初は 左半身麻痺 声帯麻痺やったけど
 時間の経過とリハビリにより改善 

リハビリ病院などにも転院

しかし 今になって思うのは本当にリハビリというのは
 やってみないとわからないという前提があるけど、セラピストさんの技術&相性が大きいと個人的には思う。

リハビリ病院にて入院していた時のセラピストさんは親切だったし、一生懸命やったけど…
効果はと言われると あの入院期間はなんだったんだろうと思える
 わざわざ入院する必要なんかなかった。

このコロナ禍だから リハビリ外来は他に無いとリハビリ病院から言われたけど…
 実際は受け入れてくれる場所もあった。

ちゃんと自分で探せば良かったなと後悔

それに対して 今の外来リハビリセラピストさんは、身体をよくする動作を一緒に考えて、はっきりと言ってくれる
なので できない!など言われると落ち込む事もあるけど、限られた作業時間をフルに有効活用できるので、
効果も大きい

まぁ~これは個人的感想ですけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました