当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
闘病生活

脳腫瘍手術から3か月経過 

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています
当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています
闘病生活

令和2年9月1日 脳腫瘍摘出の為 覚醒下手術を受けました。

その日から 3ヵ月経過したので、その様子を綴りたいと思います。

まず 前回の2か月経過した時のブログ内容のときから

自分の身体状況は大きく変わりありませんね。

麻痺側の改善も本当に少し少しなので、地道に続けるのが一番の近道かなと


改善点を強いてあげるなら、麻痺側の小指の動きが以前よりも、活発的になってきたので
パソコン入力も本当に少し楽になってきました。

思い通り入力出来なくて億劫なキーボード入力がリハビリになるならば、
そりゃ 頑張るしかないですね。

スポンサーリンク

頭の手術跡の痛み回数が減ってきた

手術後の痛みが無くなったよ!

と書ければ本当は最高なんですけどね 笑

でも 本当に痛みに悩まされる回数が減ってきました

寒い日、雨の日などは相変わらず頭の表面がピリピリするけど…

以前のような、頭を洗う時 少し指の腹で術後付近を触ると 痛かったけど…

痛い → 違和感 ぐらいに気がつけば軽減されてきましたね。

これだけでも 充分に嬉しい改善

スポンサーリンク

逆に増えた 痛むポイント

一気に寒くなってきたので、必然と着込む枚数や上着も増えてきましたね。

以前は特に痛みも無かったのに、上着を着る時 健側の肩が痛くなります。

着衣行為の時は、忠実通り 脱健着患 でやっておりますが…

上着を着る時に痛くて痛くて すっかりと苦手意識が出来てしまいました。

麻痺側だけじゃなく、健側の腕もストレッチなりして、可動域の柔軟性を維持していかないと駄目ですね。

最近では、リュックも痛みから逃げて 前側で背負って歩いてます。
さーて 寒いからといって ぬくぬくしてないで 自主練リハビリしないとね

タイトルとURLをコピーしました