闘病生活

ラーメン屋でどんぶり受け取れず

闘病生活
スポンサーリンク

先週 病院へ行ってきましたが、予想以上に混雑していた事もあり

午前中にすべて終わる予定が…


気がつけば 13時30分過ぎ すっかりお腹も空き
ゆったりとした食事でもしようかと思いましたが

病院に行く前に見かけた駅近くにあるラーメン屋

この脳腫瘍が発覚してから 食事内容も体質改善の為 和食を中心とした内容に切り替えており もう半年以上ご無沙汰でした。

特に退院したてだから 食欲が増加しておりラーメンの香りが気になり

ふらふらと店内を覗くと ランチタイムも過ぎており すぐに座れそうな雰囲気

3秒ぐらい考えラーメンを食べる事を決意!

カウンター席に座り すぐにラーメンが用意されますが…

ラーメンは自分の目の前ではなく、厨房とカウンターの間のちょとした台に置かれました…

この日は麻痺側もスリングもしておらず 肩もなんだか痛い状態

無理して 自分でラーメンを受け取ったら 左麻痺の影響で持てる筋力も無く
確実にひっくり返すイメージしか出来ず

恥ずかしいけど店員さんに事情を話し ラーメンを自分の前に用意していただきました

外食 お店選びもちゃんと考えないと難しいですね。

自分で配膳する必要がある店、今はコロナ渦で少ないだろうけどブッフェ型式の店

ようは両手が必要な店は、避けなければ…
 今回はラーメン屋 店員さんの協力があったけど…ランチタイムなり忙しい時間帯 一人で行くのは避けよう

今後に繋がる良い経験ができました。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント