スポンサーリンク
闘病生活

コロナ感染発症した病院へ 脳腫瘍との闘い

まさkの結果闘病生活

先日 ニュースを見ていたら 驚きました。

だって 自分が紹介状を貰って 行ってきた病院から 

コロナ感染症発生

これはビックリしました。 

ただ 病院だけじゃなく 

   自宅待機したくても出来ない人 守る気ない人 
あらゆる所に人が多い訳だし

 いつか起きると思ってたけど… 

さて そんな病院へ 行ってきました。 

 初めは完全封鎖でもされるのかなと思いましたが、

  病院側も厳重な体制になっており 通院予約してる人のみ対応となりました。

 何故かというと 前回 通院時 脳腫瘍のMRIを取り直しして それの結果と 手術の説明という事で行ってきましたが…

 かなり緊張して 行ってきました。

  入口で検温&手のアルコール消毒 簡単な問診 

病院内に入ると 人の数は少ないけども、 それでも思ったよりは人の数が多くて驚きました

 

 さて 長居は不要なんで そのまま受付をして 先生の元へ向かいました。

予約をしていたので、 待ち時間はほぼ無し

 まず  前回のMRI画像を出し アホな自分でもわかるように教えてくれました。

  にしても  これは個人的な感想ですけど、 病院によって MRI画像って違うのでしょうか?

今回 撮ったMRI画像の方がより鮮明に見えました。 それとも自分が素人ながら画像に慣れてきて直視出来るようになってきたからでしょうか?

 まぁ~ とりあえず 腫瘍は大きさも変化なく 検体をしないと何とも言えないとの事ですが グレード2の見込み   これに関しては 見込みなんで深く考えないようにしてます。

スポンサーリンク

さて 手術はどうなるの?

結果から言うと 今回 コロナの関係で手術は延期となりました。

  時期も遠くないけど不明との事。

自分としても 手術をすぐに決断すべきなのか悩んでいたので結果オーライ

  手術室も今後 コロナ感染者の緊急対応なども予定されており 
     優先度の高い人から優先となるとのころ  逆を言えば 自分は優先から外れて

延期となりました。

 

ただ 改めて手術のリスクを聞きました。

まず 手術をした所で脳腫瘍を全て取ることは不可能

  なるべく攻めて取るけども 脳腫瘍の部位から右麻痺 特に足のマヒが出る可能性が高いとのこと

つまり 今は問題無いけど… 手術後 歩けなくなると

 それを防ぐのが覚醒下手術だけども、 これもコロナ絡みで難しいところ

 そして 今は落ち着いている テンカン も手術後に高くなる可能性もあるとのこと

 何とも言えない顔で 先生の話を聞いていたと思います

 生きてるだけでもありがたいと思うけど、 歩けなくなるのも怖い

   これって 欲張りな事でしょうか?

もちろん 手術したらお仕舞いじゃなく 再発する可能性も十分にある

とりあえず 来月 通院の予約を取りましたので、 無職の特権 時間の縛り無く ゆっくりと考えていきたいと思います。

コメント