日々の出来事

映画バイオハザードを見たら、想像よりも怖くて身体が固まる

日々の出来事

先日 映画『バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』を見てきました。
 映画の内容は、事前に詳しく調べないでの鑑賞。

バイオハザードはPS1の初代からPS2の4まではプレイ済、その後のシリーズはハードを持っていないので未プレイながらYoutubeで実況動画を全作分は見てるぐらいに好きだ。

映画バイハザードというとミラ・ジョボビッチのイメージが強いけども、今回の作品には登場せずまったく違う雰囲気の物。どちらかというと初めてバイオハザードをプレイした時のようなドキドキを味わえた。つまり純粋にホラー要素が強かった…


 もっとゾンビを倒していく映画かと思っていたので、場面の切り替えなどでも驚くシーンも多く その都度 自分の左上肢に残っている麻痺が強く反応、無意識に力が入り過ぎて勝手に動く有様… それはそれでホラー状態。

映画は怖いながらも面白かった。 
 ただ しばらく身体(上肢麻痺部分)の固さはしばらく残りそうだ…まだ痛みも残ってるよ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました