闘病生活

自分だけで障害者年金申請してみたけど…不支給の可能性高そうです

闘病生活

タイトルの通り、自分の抱えている症候性てんかん。 自力で書類を整え、予約していた年金窓口にて提出してきました。 その備忘録です。

書類の中でも大変だったのが、自分で色々と書かなければならない『病状・就労状況等申立書』。 これは大変ですね~ 他の書類などはYoutubeなどを参考にして書き方を参考に出来るけども、上記の書類に関してはひとりひとり内容も違うし、病歴が長い人ほど大変だと思います。 

自分はパソコンで書類作成して、ネットプリントでA3両面印刷にして提出。

あと心配していたのが初診日の日付です。


今の担当医師に書いてもらった『診断書』 これの初診日と、自分が実際に緊急搬送された別病院の初診日が1日書き間違えられていたので、また書類のやり直しで時間がかかるなと思ったけども… 

緊急搬送された病院で発行してもらった『受診状況等証明書』の方は正しい日付で記載されているので、別に大丈夫ですよと、自分が驚くくらいあっさりと受け取ってもらいましたよ。

予約しておいたので案内もスムーズ

書類も整い、いざ提出するため社会保険事務局へ (障害厚生年金のため) 入り口には予約が無い方は最短4時間待ちとありました。 自分も本当に急いでいたら、朝一で来てずっと待ってるかもと思いながらも提出窓口へ。

提出書類と確認書類はいくつかありますが、予め準備していたのでスムーズに進みます。障害者年金の可否がほぼこれで決まるといわれている『診断書』を提出し、窓口職員が目を通すなり…空気が変わるのがわかりました。 

『ちょっと 待ってもらっていいですか?』と自分に告げ、離席してしまいました…
 戻ってきたのは5~6分ぐらいだったと思いますが、気持ち的には20分ぐらい待たされたように感じるほど不安になりましたよ。

どうやら診断書には、自分のてんかん頻度は夜間に非常に多いと書いてあるけども…日常生活には支障がない と書かれているので、これが申請出来るか悩み、他の職員に相談してきたようです。

 今回はてんかん(精神)での申請なので、自分が抱えている左麻痺は審査の対象外。

なんとか障害者年金申請は受理していただき、申請の可否は来年令和4年2月頃らしいですが…
 はっきりとこう言われました…

『不支給でも症状が悪化すれば、また障害者年金は申請できますから』

もうフラグやん…

こっちだって障害者年金なんかに頼らず、不安なく働いて稼いで生活していきたいよ。

 まぁ~とりあえず 自分に出来る範囲で障害者認定最短で書類を提出できたかな((´∀`*))

コメント

タイトルとURLをコピーしました