B級スポット

東京 水爆実験の”死の灰”が降り注いだ第五福竜丸

第五福竜丸B級スポット

東京都江東区にある”夢の島”には、木造のマグロ漁船『第五福竜丸』 1954年(昭和29年)3月1日に太平洋のマーシャル諸島にあるビキニ環礁で、遠洋漁業中であった第五福竜丸の乗員23人の漁師たちは、アメリカが行った水爆実験によって被害を受けてしまいました。 第五福竜丸は一度は、ゴミの埋め立て地であった夢の島に捨てられたが、船の保存をしようと1976年に東京都により展示室が設けられているとのことなので見に行くことにしました。

スポンサーリンク

最寄り駅新木場駅から歩いてみた。

新木場駅

新木場駅は複数路線の乗換え駅なので、利用者も多かった。

夢の島

遠くに見える新江東清掃工場。遠いけどもデカい

第五福竜丸展示室

船の形をした建物、出入口がガラスとなっているので中も伺えて入りやすい雰囲気。入場料は無料

スポンサーリンク

中には第五福竜丸が中央に

中に入ると、建物内部中央に第五福竜丸が展示してある

第五福竜丸後方
  • 総トン数 – 140.86トン
  • 全長 – 28.56メートル
  • 幅 – 5.9メートル
  • 馬力 – 250
  • 速力 – 5ノット

見上げるような高さだけども、このサイズの船で遠洋漁業しているとは驚きだ。それに木造漁船だし

死の灰
死の灰

”死の灰”の正体は、水爆実験で吹き飛ばされたサンゴ礁のかけら。 これが船上でも足跡が残るくらいに降り積もったとのこと。 もちろん死の灰は放射性物質を含んでるいるので、第五福竜丸の乗員23人の漁師たち全員が被爆。

大量に破棄されるマグロ

被爆したのは漁師達、水爆実験が行われたマーシャル諸島の人々だけではなく、獲ってきたマグロも汚染されていた。

計測に使われたガイガー計数管

当時 実際に使用されていた、ガイガー計数管も展示されており緊張感がでてくる

買い控えを改善しようとするポスター

放射汚染という恐怖は瞬く間に日本中を駆け巡り。 獲った魚たちだけじゃなく、消費者の魚への不信感はとどまらず、水産業界全体が冷え込んだ。 実際は放射能の雨により、水産業だけじゃなく農産物全体にも混乱を与えることに

太平洋の広い海が放射能で汚染され、被害を受けたのは第五福竜丸以外の船も赤丸の数だけ被爆した

甲板も見れる第五福竜丸

階段が用意されており、第五福竜丸の甲板も見る事ができる。

第五福竜丸

木造船である”第五福竜丸” まじかで見れるのも迫力がある

スポンサーリンク

エンジンと悲劇を伝える石碑「マグロ塚」

第五福竜丸のエンジン

屋外には第五福竜丸のエンジンが展示されている。 
被爆後は他の船に乗せ換えられるも、不幸にも沈没してしまったが… それを引き揚げて展示

マグロ塚

被爆したマグロなど魚類計約五百トンが廃棄され、一部は築地市場に埋められた。 悲劇を伝える石碑マグロ塚を築地市場に設置。 ただ現在は築地市場は移転問題以降 現在も仮置きされたまま

第五福竜丸 原水爆による参事が再び起きないよう

本当の平和の尊さを再認識させられる場所。 核の恐ろしさがジワジワだけども確実に伝わってくる

コメント

タイトルとURLをコピーしました