日々の出来事

ブッフェ形式は魅力的だけど…皿が震えて取りづらい

日々の出来事
スポンサーリンク

先日 退院祝いにと都内へ食事に連れてってもらいました。

食事内容に大幅に制限がある病院食ばかり食べている入院中に、
『退院したら何が食べたい?』と聞かれて 

自分は食べた事の無い シュラスコ と答えました。

おそらく質問された直前にでもネットで見たのでしょうかね 笑

最初に入院した看護師さんにも雑談で聞いてみたところ
患者さんに同様の質問すると 【寿司・甘いもの】という意見が多いようです

都内の雰囲気が良い

いや 自分には敷居が高すぎる場所です

予約している人だけがスムーズに店内に案内されるてるので、わしゃわしゃしれおらず 検温と手の消毒をして 座る間隔が空いた席に案内されます。

実は人生初のシュラスコ

座っているだけでも、頻繁にお肉の方から席に来てくれるので
 普段からお肉はあまり食べないようにしてる自分ですが、この日は満腹になるまで食べさせて頂きました!

食事は文句無しに美味しいのですが…

お肉を食べるさいに使用するナイフとフォーク

入院してる最中にナイフとフォークを使う食事が出ないのは勿論ですが、
自宅でも健康面を考えて和食がメインなので、ばかり

なので入院中&退院後 初めてナイフとフォークを使いましたが、
やはり 麻痺側の手ですと持つだけでも一苦労…

それで綺麗な動作をするのは困難 
まだまだ 外に出てわかる課題があるもんです

そして 更に大変だったのが…

スポンサーリンク

お皿を持って ブッフェスタイル

普段 食べれない高い野菜も豊富

フルーツ、ケーキ、アイスまで

このように、お肉以外にもサラダバーやデザートバーも豊富なお店

貧乏性の自分は、野菜も食べたいとブッフェコーナーにも行きます。

この時の為に、麻痺側の腕 リハビリや筋トレをして 平皿を何とか持てるようにしたのですが…

今はコロナ禍という事もあり、こちらのお店ではブッフェを利用するさいに

毎回 使い捨ての手袋してからのアルコール消毒をするようです

まぁ~これがただでさえ 掴む力が弱いのに滑りそうで怖い

そして お店で用意されてるお皿は、自分が自宅で練習で使っていた
どこぞのパン祭り景品のような薄いお皿じゃなく、お皿だけでもお洒落で そして重量感があります。

こんなブッフェでお皿を滑らせて 落としたりしたら大変です。

本当は目でも楽しみながら、ゆっくり選びたかったけど…
手前の物だけを選んだ時点で、麻痺側の手はプルプル状態

急いで席に戻りました…

初めてのシュラスコでテンション上がっていたけど
自分の出来ないことが色々出てきて なんだかテンションも下がってしまいました。

同伴者に正直に今の状況を言い
 色々と取ってきてもらい食事は楽しめたけど

外食でブッフェは気を付けないとな
 

自主練リハビリに励まないと

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント