B級スポット

ギロチンなどある 明治大学博物館へ行ってみた!

御茶ノ水駅B級スポット
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料 明治大学博物館! おすすめは刑事部門

アクセス

JR 御茶ノ水駅 から徒歩5分ぐらい または 東京メトロや都営地下鉄などでも歩いてこれるみたいです

 自分は、これを利用して都内散策をしてきました!

 定額って素晴らしい

都区内パス

都区内パス

旅のお供にこれ1枚! 都区内パスに記載されてるエリアなら 1日乗り放題です! ¥760円 お得に感じますが、近距離の移動なら元々が安いので 自分は何とか元を取れましたw

 JR御茶ノ水駅から近いという事でしたが、自分はまた迷ってしまい

 逆方向へ…

 スマホで地図見ながら移動してるのに 間違えるなんて

入るまでに緊張! 

明治大学博物館は、 本当にここに入っていいの? なんて思わせる場所にあり不安いっぱいに…

 でも ちゃんと案内もあるし いいよね?

入口1
ちゃんと 博物館の案内があり一安心
入口2
綺麗だから 緊張する…

綺麗すぎる建物 本当に自分みたいな人間が、あの明治大学敷地に入っていいのだろうか…

 でも 案内もあるし 少し帰ろうか悩んだけども、ここまで来たのだからと入る事に!

受付を横目に、地下に下がる エスカレーターに乗ると ようやく目的地が見えてきました。

常設展は無料!

 そもそも 自分が訪問したいと思ったキッカケは、 ネットで検索していると

 都内に無料で、 商品部門・刑事部門・考古部門・そして 明治大学に関する資料に関する展示室があると見たことがあり 興味がありました。

 あの明治大学に寄れると思うと それだけでも何だか高まります笑 

エレベーターを下ると 受付などなく 休憩スペースとトイレが完備されており

 最初に明治大学に関する展示室

正直 アホな自分は見ても よく判りませんでした。

そして また階段で地下へ… (エレベーターも完備されてます)

これが見たかった 刑事部門

 アホな自分が、刑事部門が何ぞやと語っても 誰も興味が無いと思うので書きませんが、 ネット、テレビでしか見たことがない 拷問器具などはレプリカとはいえ 

 色々と考えさせられると同時に、その時代背景も考える事が出来て 大変勉強になりました。

館内の様子

土曜日のお昼ごろに訪問したのですが、人はまばらでした。

 先に紹介した 目黒寄生虫館の方が人が多かったように思えます。

自分が行った時は、訪問者も高齢な方が多いイメージ

 でも 十分 若い人のデートでも使えそうな雰囲気ですよ。

展示の解説も丁寧だし 話のネタにはなるかと 何より無料なのが嬉しいです。

 ここも是非 おすすめです!

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント