闘病生活

最近読んだ 少し過激な本 

病院イメージ画像闘病生活
スポンサーリンク

自分がてんかん発作で倒れ 脳腫瘍と診断され

 そのあと 偶然本屋で見つけて買った本。

 

予備知識無も無し

その過激なタイトルのみに惹かれ 購入しました。

脳腫瘍と診断されてからは 自分で色々と調べたりしました。

 まさに 藁にも縋る思い

実際に読んでみると   

 ●どんな病院に行くべきか
 ●検診・治療の真っ赤なウソ

 などなど過激な見出しが多いです。

  個人的な感想としては なるほどと思える内容から

   えぇ~ これは違うんじゃないのかなと思える内容と様々

読み終わり この本のレビューなど見ると

   色んな賛否があり どれも頷ける自分 笑

どんな意見でも 全員が納得する内容なんて ある訳が無いので

 自分としては 何かが変わる訳じゃないけど 考え方の幅が広がったとして良しとします。

 色んな情報が溢れてる中で、自分で調べて 考えるのは面倒だけど その中でも取捨選択出来るようになりたい

   

  だって あとから何もしなかった後悔なんてしたくないですからね。

     まあ~ 今まで何もしてこなかった ダメ人間の自分が言うのもあれですが…

  さ~て 今日も一日 頑張っていこう!

   

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント