海外編

ホテルキャンセル無料のはずだったけど…普通に請求されてました…ブッキングドットコム

あれ? なんだこの明細海外編
スポンサーリンク

先日 クレジットカードの明細を見ていたら 気になる項目がありました…

いや 厳密には自分が想像していた金額よりも少し多いので、明細を見た流れです。

令和2年2月香港旅行へ行くつもりでしたけども…

  この頃は今よりも 新型ウイルスの影響は少なかったと思います。
でも非常事態には変わらないと思いキャンセルしました。 

 予約していたホテルは、ブッキグドットコム経由で返金不可プラン 
    予約したのは、令和元年の秋ごろでした

返金プラン :  安くしておくけど 返金は出来ないよという そのまんまのプランです。

 もちろん それを了承していたけども… 

 世界的に大変な状況になったのでダメ元でホテルへ キャンセルが可能かとメールを送ると無料キャンセルOKと返信あり。
   そして すぐにブッキグドットコム側からも 無料キャンセル受付のメールが来ました。

 この騒動がおさまったら 是非 ちゃんと行こうと思ったほど その心意気がうれしかったです。

でも これから1か月後…

スポンサーリンク

無料キャンセル出来たホテル代が通常通り請求されてました…

明細を見て 引き落としされてるのを見て おもいっきり なんでや~と叫びました。 笑

 一度 引き落としてから 返金されるかと思ったけども…

 カード会社に問い合わせても そのような処理はされてないと

考えてもわからないので ブッキグドットコムに連絡をとることに

    でも…

問い合わせ方法が難しすぎる!

まず ブッキグドットコムのホームページから カスタマー・ヘルプセンターをクリックします

それから 対象のホテルを選ぶのですが… 

お困りですか? 

と表示されて コメントを入れる欄があります。 

そこで今回の経緯を簡単に書き上げて 送信ボタンを押したら 画面が固まります…

   私も固まりました…

 もう一度 やってみましたが やはり 固まりました…

これはダメだと思い ほかの画面に 

 

想定外の支払い  

という項目があり   これだ! と思いクリックすると…

宿泊施設のスタッフによるサポートが最適と思われます。

と無常なお言葉が表示されます…

  確かにそうでしょうね!  


それと無慈悲に電話番号のみが表示されます… そりゃ 最短コースだろうけど自分は英語はもちろん 日本語も危うい人間です。

 メールなら頑張れるけども 電話はハードルが高すぎる。

  いや メールでも頑張れません。 ちょっと見栄を張りました

 

  でも 諦めきれないので、 ネットでほかに情報を探すと 電話による問い合わせが出来るようです

  なので その電話番号を一生懸命 ブッキグドットコムのホームページで探したけど見つかりません。

 仕方ないので、 『ブッキグドットコム 電話番号 日本 問い合わせ』

   みたいな感じで検索して 出てきたところにかけましたよ。

最初 音声ガイドに繋がりますので、 予め

 予約番号と暗証番号が必須です 

 予約したとき、キャンセルしたときに メールの右上に書いてあります。

 これのどちらとも必要です!!!  これが無いと先に進むことはできないです

電話の対応はすごく丁寧でした

 ドキドキしながら オペレーターに比較的待たないで つながりました。

   純粋に運が良かったかと思います。 

  自分の時は、日本人の若い女性でした。

 ほかの人の体験談などを参考すると 日本語を母国語としないスッタフさんもいるようなので…
    それはそれで大変だとか…

   早速 事情を話すと すぐに調べてくれて 請求はホテル側のミスだと認めてくれました。

一度 ホテル側に確認を取り 同時に今後の対応策なども また連絡しますと約束してくれました。

 そして 30分ぐらいで本当に折り返しが来ました。  都内からの番号だったのが印象的

 どうやら ホテル側とはコンタクトが取れないとのこと…

ただ 今回のケースは、ブッキグドットコム側から返金対応が出来るか確認も取るので

  一度 クレジットカードの明細 それをスクショして 送ってくれと言われたので

 そのまんま メールに添付して送りました。

以上が先週の話し

この先 どうなるんでしょうか… 
   やはり 外国相手の交渉は難しいですね。何から手をつけたらよいのかわかりませんし

まぁ~ 今は世界的にも大変な時期 特に観光業も大変かと思うので 気長に待つことにします

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント