スポンサーリンク
闘病生活

 診断の結果 やはり脳腫瘍でした… 手術はする方向で話し合っております。

不安闘病生活

 当たり前の日々が眩しく見えてます…

 今週の金曜日 緊急搬送された病院から、症状も落ち着いたので より大きい病院で精密検査&手術を提案されて 都内の病院に行ってきました。

生まれて初めて あんなに大きな病院へ行きました。

 地元の病院のように 変な臭いもなく 清潔感に溢れ
    同時に人の流れもスムーズ

そこで紹介状を持って  まず 皆に書いてもらう問診票に

  検査の結果  癌や難病と診断された場合、病名の告知を希望されますか?

 はい ・  いいえ ・ わからない 

  の三択でした…

 自分は問診票で極度に緊張したの初めてでした  
    悩み はい を選択して

次の項目   告知は 本人のみ  家族 または連絡先などの項目もあり

    これが皆に書いてもらってると分かっているけども…
ああ 自分がそうゆう立場なんだと再認識しました…

他にも一般的なことも丁寧に書き進み 

スポンサーリンク

 いよいよ 担当医とご対面

  こんな大きな病院なんで 変な高圧的な人だったら嫌だなと思ってましたが…

とても穏やかな口調で説明してくれました…   あらかじめ 前の病院でMRIも撮っており 画像を踏まえて説明

   結論 やはり 脳腫瘍だけど ある場所が非常にリスクが高く
何らかの麻痺等が出る可能性が高い

   それを少しでも防ぐには 覚醒下手術 という方法を言われました。

予め予想していたけども… 本当に自分がそうなるとわ思いませんでした。

ただ 手術はそこまで急ぐ必要性は無いと言われましたが

 それと 翌日 再度 手術用にMRIを撮影するように言われたので、 今日 土曜日  撮影だけしてきましたが… 

昨日の問診から かなり落ち込んでます…
   無意識に考えるのを避けていた 死 が目の前だから…

   

  一緒に暮らしている高齢の母に対して 本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

  自分は何も親孝行してあげれてないのに、 気づけば脳腫瘍 グレードは不明ですが軽くはないとのこと…

  正直 自分一人なら覚悟も出来てるつもりでした…

ただ 母の涙を見てしまい…  

  胸が張り裂けそうです  苦しいです。

  今後のことを少しでも考えると自然と涙が止まりません…  とても 涙してる所なんて親に見せれないけど…

 本当に自分は親不孝者です。

どうか 今からでも出来る親孝行に尽くしたいと思います。

 

コメント