闘病生活

医師に頼んでいた診断書が完成! そこに書かれていた文字にショックを受ける

闘病生活

障害者年金なる制度。 自分には関係ないと思っていたけども、どうやら”てんかん発作”の頻度によっては精神で申請出来るということで自分も内心ダメ元で申請する事にしました。

病院に書類作成をお願いすると、受け取るまで最低3週間は掛かるのですが…今回は期日に間に合わない事が判明。

約束期日を過ぎながらも、年金事務所の予約日前に何とか依頼していた”診断書”が完成しと連絡を受けたので、都内の病院へ行ってきました。

”診断書”の費用 ¥5.500円を支払い受け取り、相変わらず先生の文字は流れるような文章です(;’∀’)
  書類を受け取り 病院の待合所で中身を確認。 

そこで一番衝撃的だった文章が…

『脳腫瘍摘出したが、再発可能性は高い』という文章でした…

実際はもう少し細かく書いてありましたが、ざっくりでこういった内容。

自分の病気に関しては、散々調べたし、正直 再発の可能性が拭えない病気だって事もわかってましたが…改めてこうして、主治医による文章を見ると、かなり凹むものがありますね。

しばらく病院の待合所から動く気力もなくなりましたよ…
 自分が脳腫瘍だと初めてわかった時ぐらいの衝撃に再び襲われ、自然と涙が出てきそうになるし…

再発の可能性が高いというだけで、再発した訳でもないのにね。 メンタル弱すぎです( ;∀;)

とりあえず これで障害者年金の必要書類は全て整ったので、あとは自分で記入する書類の総仕上げです。 一生懸命普通に生きていきたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました