B級スポット

東京 受験生の味方 落ちない上野大仏 

B級スポット

大仏と言われ 連想する場所は、鎌倉、奈良が多いと思うけど
 意外な場所 東京は上野にも実在します。

過去に自分は何度も行っているけど、改めてご挨拶に伺うことに

上野大仏を拝むには、上野駅から徒歩で上野恩賜公園へ行く必要がありますが
 自分はいつも近道ルートとして UENO3153 にあるエレベーターを使用してます。


 商業施設を通り抜けなくても 誰でもエレベーターを使用する事が出来ます。エレベーターを降り 外に出ると…

目の前に西郷隆盛銅像! 何故か毎回 写真を撮ってしまいます 笑

この西郷隆盛像 本人にまったく似てないという話もあるし、何故ここにあるのかという話も調べていくと 実に興味深い話が出てきます。

スポンサーリンク

上野大仏 ご対面

西郷隆盛銅像から約500メートルほどの場所

公園内も広いので 自分はまた迷いました…
 公園内に設置されてる地図を見ていかないと 見逃す可能性もあります

公園の道から少し高台にあるからです。

公園の道幅も広いから、大仏の存在に気付かない人も意外と多いとか
 こりゃ 納得です

閉門10分前に到着(-_-;)

歩くのが遅いうえに、何度か来た事あるのに迷ったから…

門も半分閉じられていたけど、時間前で入れそうだったので急ぎ目にご挨拶

門を通り抜けると すぐに大仏さまはいらっしゃいます。

そして ここの大仏さまの特徴はお顔のみ

故にこれ以上 落ちないという事で受験生に人気らしいです。
実際 自分が訪問してた5分ぐらいの間にも3組ぐらいの若人が拝んでました。

受験前という事もあり、絵馬が多い印象 

以前は大仏さまの前に、ロープなんかなかったけど
これは触る事により 新型コロナ感染症拡大を防ぐ対策のようですが

地元の年配男性はロープをくぐり ベタベタ触りながら拝んでおり
 若人がくると マスクを顎にずらしての大仏さまの解説…
こんなご時世じゃなければ 解説もありがたいかもしれないけどね

スポンサーリンク

なぜ 顔だけ?

もちろん 最初はちゃんとした大仏さまのお姿をしていたけど、関東大震災により 頭部が落ちてしまい。その後 寛永寺にて保管されていたけども、第二次世界大戦に入ると国からの供出令により面部以外は溶かされてしまいました。

大仏さまの前に全体の姿を映した写真もありました。

パゴダ(仏塔)が建立されてます

関東大震災に第二次世界大戦を経て  顔だけ残りこれ以上落ちないという意味で、合格祈願として学生に人気。

自分も2021年 環境の変化により資格取得などを目指す受験生として拝ませていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました