無職

退職金の請求 思わぬ難関 退職所得受給に関する申告書とは?

退職金請求無職
スポンサーリンク

仕事も辞めてしまい 収入は途絶えましたが…

 退職金

勤続年数は短いですが、少ないながらも収入があるのはありがたい制度です。

 ちなみに在籍期間は2年6か月ぐらいでかなり短いです

会社によっては、期間が短いともらえないと思いますが、本当にありがたいです。

 ちなみに自分がいた 会社の退職金制度は

 中小企業退職金共済制度

 今回は、その請求に関する事を綴っていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

退職金の請求は自分でやる

※ 今回 自分がやったやり方です。間違えてる可能性もあるので請求される方は制度を確認してください。

基本的には手続きは難しくないと思います。

 会社から退職後に郵送される 退職金請求書 に必要事項を記入し 

住民票(マイナンバー入) と 身元確認のコピー (運転免許証など) 

を中退共に請求するだけです。 

 請求書と一緒に、書き方の見本や 請求書の送付先も印刷されてると思うので難しくないと思います。

住民票 マイナンバー入

これも面倒です。

自分はマイナンバーカードを作成していたので、コンビニでも住民票を発行できますが…

 ただ 自分も初めて知ったのですが、 コンビニで発行出来る物は
 マイナンバー入は出来ないみたいです…

結局 他の用事で役所へ行ったときに、一度で済ませました。

 ちなみにコピーなども不可です

受取口座の確認印 とは?

またまた あまり聞きなれない言葉が出てきました。

 今回の退職金 自分の口座であれば 好きな口座に指定が出来るみたいです。

農業、漁業協同組合などは出来ないと書いてありました。

自分はネットでも気軽に入金確認出来る 新生銀行にしました。

 で この口座確認印とは、 ようは銀行に請求書をもっていき

 銀行から 金融機関コード、店舗コード、口座確認印を もらうということです。

 ちなみに、 口座を作った店舗じゃなくても 大丈夫のようです。

 自分もネットで口座を開設したので、一番近い 新生銀行へ行き 

 手数料とかも掛からず 当日のうちにすぐにやってくれました。

自分が一番悩んだ問題 過去4年以内にも退職金を受け取ってる場合…退職所得の受給に関する申告書

まさに これが一番悩みました…

 自分の場合 以前の会社でも退職金をもらっており、今回もいただきました。

 この退職金の請求書に過去4年以内に退職手当の支払いを受けたことがある方は、 
 【 退職所得の受給に関する申告書 】 原本を添付しろと書いてあります…

    もう何の事なのか わかりません。

ネットで検索してもよくわからないし 税務署で用紙を貰ってくださいと書かれてるけど…  今の時期 外出もしたくなく 誰に何を聞けばよいのかわかりません。

 で 思い切って   中退共に電話して聞いてみました。

 とても 親切に教えてくれて 書き方の手順まで教えていただきました。

 忙しいところ このようなアホのため 時間をつかっていただき感謝です。

退職所得の受給に関する申告書 ネットでもダウンロード出来る

つまり わざわざ用紙だけを貰いに税務署へ行く必要もなく

 そして 何か税務署で確認印を貰うみたいな作業も一切必要ないとのこと。

   何も知らない自分は安心しました。

申告書の欄に以前 受給を受けた金額と日付の欄があるけど…

   正直 まったく覚えてません。

    だいたいなら わかるけど… 金額も覚えてないし 

新生銀行だと通帳は無いし、 そんな前の履歴もわかりません 

   わからないづくし   

むしろ   前の会社の事は一切 思い出したくないので 全て書類は破棄してしまってます…

  どうしよう…

  また 電話で中退共へ確認したところ   わかる範囲だけ書いてくださいと、 金額欄に関しては”不詳” で構わない との事でした。

  あぁ~ とりあえず 本来より空欄が多い気がするけど、請求書一式完成です。

大事な書類なので、書留にて郵送

とりあえず これで一安心。

 入金まで首を長くして待ちます。 

通常 一か月から納付方法によっては2か月半ぐらいかかるみたいですね。

 支払いが決定した際には、 あらかじめハガキなどで支払日などを先に知らせてくれるみたいです。

5月中頃にでも振り込まれたら嬉しいなぁ~ 
    郵送したのは4月13日  

てゆうか いくらぐらい振り込まれるのかもわからないけど…

   まぁ~ 勤続2年半だからな でも ありがたいです。

  

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ          
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今更だけど 底から這いあがりたい

コメント