都道府県別B級珍スポ

東京 西八王子にある真面目な萌え寺。  了法寺

都道府県別B級珍スポ

西八王子駅から徒歩圏内には萌え寺があると知ったとき、お寺と萌え の組み合わせが理解出来なかった。
  興味本位で調べてみると、期間限定のイベントかと思っていたが、ちゃんと歴史のある日蓮宗のお寺:了法寺だった。

現代でも萌え寺スタイルは変わっていないようなので、珍しい萌え寺を訪問してきた個人的な備忘録となります。

交通量の多い甲州街道沿いにある了法寺に到着。 
  萌え要素があるお寺だけを手掛かりにやってきましたが、ここで間違えないですね 笑

入り口にある自販機にも『ようこそ了法寺へ』と書かれている。 販売されてる商品は普通


 甲州街道の車が信号で停止していると、写真を撮っている自分を見ている。
自分も何だか恥ずかしくなり、逃げるように境内へ。

境内に入り、すぐに萌え看板と萌え寺のラッピングカー
というか懐かしい表現でいう”萌車”もしくは”痛車”

了法寺名物萌え看板と公式サイトには案内されてる。

2009年に設置されたとあるので、2023年の訪問時点で約14年経過している。

 当初は住職も抵抗があったようだけども、家族や宗派の人に相談するも誰も止めてくれず、最後は神様のご意向としておみくじをひき「大吉」が出たので設置したそうだ。 

様々な萌えキャラが描かれている看板と車両。 
描いたのはイラストレーターであり、コスプレイヤーでもあり、声優でもあるという多才で同じ方らしい。

にしてもYouTubeで”了法寺”と検索すると、なかなかインパクトが残る作品が出てくる

ナンバープレートも外されており、今はもう動いていないのだろうか?

駐車場スペースがある参道を進み本堂へ

色々と気になるけども、まずは本堂にて手を合わせてご挨拶させていただく。

本堂の横にある萌え要素たっぷりの了法寺貼札と缶バッジ

どちらも萌えガチャでしか購入出来ないと思うと、自分の中でより希少価値がグッと高まる。
 

せっかくなのでどちらかやってみようかと悩み、了法寺貼札に挑戦。
  実に遊び要素たっぷりだ。ボールをはじき当たりに入れば2回分になるし、萌え貼札にはシークレットまでが用意されてる。

うーーん

というのが正直なところ 笑


 ちゃんと説明を読んでなかったのだけども、実はこれ3枚入りになっており、他の貼札には弁財天がイメージキャラになっている「とろ弁天」が含まれていたので、これは当たりだなと納得。 ※案内看板右側のキャラ

他にも色々と萌えお守りや萌えグッズがある。 中にはiPhone5のケースカバーまであり、ここからも萌え寺としての歴史を感じとる事ができる。
 さらには萌えキャラたちを中心とした了法寺のLINEスタンプも販売している。

御朱印も授かることができるそうですよ。

ひととり参拝と見学を終えたところで、すれ違うように境内に入っていた二人組は、偶然了法寺前の萌え看板を見て興味を持ったようだ。

確かに萌え案内看板のインパクトは大きいですよね。 きとんとした真面目と萌えを両立させてるお寺 了法寺

コメント

タイトルとURLをコピーしました