スポンサーリンク
無職

健康保険編 会社から退職書類一式が来たので役所へ 

書類がたくさん無職

仕事を退職して 不安に駆られる一方  自分は脳腫瘍の関係で ちょうど休めるタイミングで良かったかなと前向きに思うようにしてます。

 

さて そんな中 退職して 間もなく職場より わざわざ 速達で退職に関する書類一式が届きましたので
 驚きました。 とても良い職場に巡り合えたかなと思います

以前の職場は、退職に関する書類一式がなかなか届かず かつ電話するのも嫌だったのでドキマギしたもんです。

とりあえず 元職場ヘは仕事がひと段落してそうな時間帯に、無事受け取った連絡と感謝を電話で伝えました。

スポンサーリンク

手元に保険証が欲しいので役所へ

※ 基本的に 自分が勘違いしている情報も多いと思うので鵜吞みにせず注意してください…

早速 役所へ行くことにしました。

 だって 健康保険証はすでに会社に返却しており 手元に何もありあせん。

もし この状態で倒れて病院に掛かるようなことでもあれば いくら一時的といえ 自費 です。

    いや 普通に無理っす… 払えないっす。

ましてや 通院予定もあったので、 どうしても その前に保険証が必要だったのです。
   まぁ~ 結果的には手術もコロナの影響で延期になったけど…
   この時の行動も不要不急にあてはまるのかな…?

自分が役所に行ったのは、国が緊急事態宣言を翌日に出すと マスコミに伝えた翌日でした。

   さぞかし 混乱にちかい混雑具合かと思ったけども、 拍子抜けするぐらいに空いており
 たいして待つこともなく 昼ぐらい到着し すべての用事が1時間も掛からず終わりました。

きっと たまたま運が良かったのかなと思います。   自分が帰る間際の方が 人が多かったので

 

健康保険の手続き

さて 自分が役所へ行ってきたのは、健康保険の切り替えです。

退職後の健康保険 やり方は複数あるかと思いますが

 自分は 任意継続制度 と 国民健康保険 のどちらに加入すべきか悩みました。

まず 任意継続制度  こちらは退職翌日から 20日以内であれば自分が加入していた健康保険に加入できるとの事ですが…

まず気になったのが 料金   今までは会社が半分出してくれていたので、単純に2倍になります。

 なので 役所に電話するなり 窓口に行き 加入した場合の料金を比較する事をおすすめします。

所得がある程度ある方ですと、 任意継続制度の方が安くなる事もあるみたいです

  

 あと気になったデメリットとして 一度 任意継続制度に加入すると 2年間は国保に変えたい、家族の扶養に入りたい、といった理由で変更することはできません。

  あんまり長文を書いても 誰も読んでないと思うので
 結論だけ言うと 自分は国民健康保険にしました。

 自分のこの年齢で世帯主は母親です。 恥ずかしい限りです。

  
  自分よりあきらかな年下女性が受付してくれたので余計です。

まぁ~ 役所の人は、微塵にも何とも思ってないでしょうけどね

金額も調べていただき 国民健康保険の方が安く 来年度になれば 今年の収入からしてもさらに安くなると思われます。

念願の保険証ゲット

手続きとはとても簡単で 会社から届いた 社会保険の資格喪失日を確認できる証明書 か 離職票 などでOKみたいです。

 窓口で身分証明書を出し 加入した場合の料金も再度確認して 簡単な用紙を書き終了。

 その場で、あたらしい国民健康保険証もいただき これで本当に安心しました。

これで安心。

役所って なんだか楽しいと思ってしまう自分
 ただ わざわざ行くのが面倒 もっと手続きが簡素化できれば良いのに…

  聞けば 丁寧に教えてくれるので あらかじめ知識をつけてから行くと より理解度が増します

自分自身のためにも役立つと思うんで、 速やかなに行えてよかった

 

コメント