B級・珍スポット

東京 展覧会 岡本太郎へ行ってきた。東京都美術館

B級・珍スポット

1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)
  その太陽の塔を実際に見に行った事により、より岡本太郎という人間に魅かれることになりました。

太陽の塔を実際に見に行った

そんな見学後の熱が冷めないなか、大阪・東京・愛知の順で展覧会 岡本太郎が開催されると知り
東京美術館では会期が2022年10月18日(火)〜2022年12月28日(水)という事で、美術に対する理解度なんて微塵も持ち合わせてない自分ですが、展覧会 岡本太郎へ行ってきました。 そんな個人的な備忘録となります。

上野駅近くの東京都美術館 他にも写真を撮る人が多く正面からじゃないので反射してしまってる
東京都美術館 他にも写真を撮る人が多く正面からじゃないので反射してしまってる
意気揚々と入場 最近は撮影OKの展覧会が増えたもんだ
意気揚々と入場 最近は撮影OKの展覧会が増えたもんだ
大きくておさまらない、現物はもっと大きいらしい
大きくておさまらない、現物はもっと大きいらしい
最後に見送ってくれた
最後に見送ってくれた

てな感じで楽しませて頂きました。
  会場内は時間毎の入場制限があるのと、展示ルートも工夫されているので特に混雑している印象もなくてOK。

まあ 中には写真を撮りたいけども、人が遮る度に小声ながら文句と舌打ちをしている輩もいましたね… 嫌なもん見ちまった気分。

なんだこれは!
なんだこれは!

最後には売り場面積の大きなグッズ販売がやっていた。
 自分も欲しいけども…予算が… と思いながらも、以前 太陽の塔を訪問した時に買わなくて、公開していた太陽の塔(裏)のピンバッジを購入

さあ 厳選した1点買いをして帰ろうと思い出口に向かうと、ガチャガチャが用意されており、これまたなんだこれは! といった内容物。

タローマンというらしい  初めて知ったよ…
タローマンというらしい 初めて知ったよ…
一回500円という自分にとっては高額ガチャ  欲しい物じゃなかったけども… これはこれでヨシ! 大事な記念品
一回500円という自分にとっては高額ガチャ
 欲しい物じゃなかったけども… これはこれでヨシ! 大事な記念品

岡本太郎展の全てを理解出来る訳じゃないし、美術の心得なんて皆無な自分だけども…

岡本太郎の作品から伝わってくる自由で力強い、まっすぐな力は見ていて気持ちが良い。 今後も機会があれば触れていきたいと強く思えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました