自分で直す! またしてもスーツケースのタイヤが割れた。

だいぶ前にドンキーで購入したスーツケース。
 スーツケースそのものの重量が重たいなどの多少の不満はあるものの、旅だけじゃなく入院生活でも利用していたので愛着が湧いてます。

 なのでこれからも末永く利用したいと思っているのですが、またタイヤ(キャスター)が割けました。 

長い間役目を果たしてくれたタイヤ

クローゼットからスーツケースを取り出すさいに、割けたタイヤが床に落ちました。
どう見ても経年劣化です。

利用中に割けた訳じゃないのが救いです。 さて以前にも修理がしたことがあるので、今回も節約志向で自分で直しましょう!

前にもやった事あるし、工具(金属用鋸)も購入済なのでサイズが合うキャスターを購入し交換するだけ。

鋸でギコギコとキャスターの金軸を切断 
鋸でギコギコとキャスターの金軸を切断 

この作業が一番大変です。 
しかし3回目の交換となれば慣れてきたので、金属粉が出るのでベランダでマスクをして切断。

購入した交換用のキャスター。 スーツケースによりサイズは異なります
購入した交換用のキャスター。 スーツケースによりサイズは異なります

今回 割けたタイヤと未交換だったキャスターも念のためにと計2本を交換。
  作業は単純だけど、地味にワッシャーをかませるのも大変かも。


 今回の作業によって、持っているスーツケースのキャスター4本全てを交換したことになります。

交換する事によって六角ネジが丸見えになってしまうので、嫌な人もいるかもしれませんが…
  自分は、逆にこれはこれで更なる愛着が沸いたってもんです。

今回の修理費用はキャスター代だけで済んだので、完成度を度外視すれば安くすみました。
  久しぶりにスーツケースを使う人などは、キャスターが壊れないか注視してくださいね。

※自力交換は、あくまで自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました