B級スポット

葛西臨海水族園,公園,観覧車など見所満載、けど…バケツビューが一番気になった

B級スポット
スポンサーリンク

以前より首都高速湾岸線やアクアラインを利用するとき、観覧車が見えていて 何処にある観覧車なんだろう?といつも気になっていました。

当時 今以上に都内の土地勘が無い自分は、かなり距離が離れているお台場の観覧車だと思っており、葛西臨海公園にも観覧車があると知ったのは令和になってから。

JR京葉線に用事があったので、ついでに行ってみようと調べてみると水族園もあるらしいので一緒にと思ったけど、今は予約しないと入園できないらしい。 調べないで訪問していたら入れなかった危なかった。

スポンサーリンク

入口がある建物&まわりがお洒落

チケット売り場

入場は完全予約制です。 予約した時間帯に訪問してスマホ画面のQRコードを提示してチケット購入となります。

 初訪問なので当然ながら普段のようすはわからないけど… 並ぶ事は一日を通してなかった。 

入口建物

予約時間の切り替えなので、ちょっと人がパラパラ 

にしてもこの水族園の入り口建物 なんかお洒落だよ! 自分はちょっと間、建物と周囲の雰囲気に見惚れてしまいました。 でも皆は続々と建物入口に吸い込まれていきます。

入口建物左側奥には、あの夢の国ディズニーも見える環境。 にしても この水を使った表現がすばらしいです。さていよいよ入園してみます。

中には迫力ある大きな水槽が思ったよりも多い印象。 ましてや平日の人数制限中なのでゆったり見学できますね、椅子も用意されているので腰かけていたら、いつの間にか眠り込んでしまいました(;’∀’)

30分ほど寝てスッキリ笑

特にマグロの展示方法は、個人的には好印象。 観客席が階段状になっており薄暗い雰囲気の中 まったりとマグロの回遊を見る事ができます。 まぁ~ マグロは小振りが多いのと、水槽内に仕切りがあり回遊というより往復してる感じだけど… 園内は広いので休憩出来るのはありがたいです。

写真はちょうど 餌の時間でマグロが群がってる様子

画像だとわかりずらいけどペンギン達です。

 イルカショーなどは無いけども…屋外展示も多少はあるようですね。

屋外展示等が水族館と水族園の違いなんでしょうかね? 調べてみても明確な違いは無く造語のようだけども、日本では水族園は数少ないようですね。

葛西臨海公園にあるクリスタルビューの異変

クリスタルビュー

水族園を楽しんだあと、海方面に歩いてみると… なんだかスケスケな建物が見えてきました。

 なんか入れそうだし 展望台にもなってそうなんで 内部のエレベーターを使いあがってみると…

バケツたち

エレベーターの扉が開いてすぐこの景色ですよ笑
 ちなみに訪問日の当日、前日 雨など降ってないです。

気を取り直し奥に進むと…

バケツたちバケツたち

さらにバケツが増えてる!!

もう バケツの印象が強すぎて景色の印象がほとんど残ってないです笑

にしても 本当 何があったのだろう… あと よくこんなにバケツがあるもんだ。

せっかくだから おじさんでも観覧車目指す

さて 次は観覧車です。

今回 この葛西臨海公園の最寄り駅である葛西臨海公園駅を降りった時から見えていたけど、いざ歩こうと思うとちょっと遠くに感じますね。 

なんで自分は観覧車を目指しているのだろうか?と答えの出ない自問自答をしながら進みます

ダイヤと花の大観覧車

デ デカイ!

真下で見るとより迫力がありますね~ 

ダイヤと花の大観覧車という名前らしく、日本で第2位の大きさを誇るようだ。 一周にするのに約17分もの時間がかかるようだ。 こんだけデカいと遠くからでも見えるよなと妙に納得してしまった。

訪問時 大袈裟じゃなく誰もいない、 自分とスッタフさん達しかいない
 逆にこれはチャンスかと思いチケットを購入して 乗る決意!

ちょっとレトロ感があるようだけど、冷暖房完備なので驚いた。

にしても 今の自分は身体上 普通に歩くのも苦手だから観覧車に乗るのが少し怖かった。 乗った瞬間に約17分後の降りる事を心配しだす。 

葛西臨海公園駅のようす。 上から見ると葛西臨海公園駐車場の多さに驚くと同時に普段はもっと多いのだろうと容易に想像できた。

開催前で準備中のオリパラ カヌースラローム会場

 これが無観客だもんな… こんだけ作っておいて無観客にしたのはすごい決断だよ。

貸し切り状態の観覧車  おじさんははしゃぎながら約17分もの空中散歩を楽しむ事が出来ましたよ。 
 にしても ゆったり回れば葛西臨海公園だけで十分一日楽しめる、素敵な場所だった。

にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ            
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ             
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今からでも底から這いあがる

コメント

タイトルとURLをコピーしました